石川県輪島市で、15,555発の花火が輝く「輪島市民まつり 市民大花火大会」

写真拡大

石川県輪島市の輪島市民まつり実行委員会は6月1日、「輪島市民まつり 市民大花火大会」を開催する。

同祭は、1分間あたりの花火の平均打上数日本一を誇る、輪島市民まつり内の行事。毎年6月第1土曜日に開催しており、20分間という短時間でいかに多くの花火を楽しく満足してもらえるように打ち上げるかが最大の特色とされている。

花火の打ち上げ数は2011年に初めて10,000発を超え、昨年は14,439発、そして今年は1,000発以上増やした15,555発を打ち上げる。会場となる輪島市マリンタウンは打上場所と観覧エリアとの距離が非常に近く、「光」「音」「衝撃」を一気に体感できるという。

当日は、打ち上げ前の20時20分から、石川県並びに輪島市指定の無形文化財である「御陣乗太鼓」の無料実演を実施。また会場内では市内外からの飲食業者による「食まつり」も行われる。

花火大会の日時は6月1日、20時40分〜21時までの20分間。打上場所は輪島市マリンタウン近くの防波堤。観覧エリアは輪島市マリンタウン周辺。なお、雨天の場合は翌日に延期される。