埼玉県・大宮に鉄道模型「トミックス」初の常設ショールームオープン

写真拡大

タカラトミーグループのトミーテックは21日、鉄道の街・埼玉県さいたま市大宮に、鉄道模型「トミックス」を中心とした常設ショールーム「TOMIX WORLD」をオープンする。

同店は、今年発売37年を迎えるロングセラー鉄道模型ブランド「トミックス」を見て触れて実感することで、改めて鉄道模型の楽しさ、奥深さを体感できるショールーム。既存のトミックスユーザーへのトータルサービス向上と、より多くの鉄道模型ファン層の拡大をコンセプトとして開設したという。

ショールーム入口は昔の駅の改札をイメージした木の改札風とし、73坪の施設中央にはトラス架線をイメージしたコンセプトタワーを設置。同社栃木本社工場における新製品の製品化情報やブランドコンセプトの商品が展示される。

またショールーム内には、トミックス総合ガイドに掲載されているほぼ全ての車両を編成展示したショーケースや、トミックスの全システムが組み込まれた幅4メートル超のジオラマが設置され、実際に鉄道模型を走らせることができる。

その他にも、ジオラマが飾れるオリジナル家具を配置したホビールームを設け、鉄道模型が新しいライフスタイルを提案する。ショールーム奥には「修学旅行列車」の外観をイメージした電車型造作物の中にインフォメーションコーナー・修理コーナーなどの受付窓口を設置し、その横には「機関車組立て教室」や「ジオラマ製作教室」などを開催する多目的ルームを配した。

店頭では、オープン記念企画としてJR200系(上越新幹線開業30周年記念号)6両セットが限定販売される。価格は19,530円。さらに「トミックス」だけではなく、今年発売10周年を迎える周辺商品(ジオラマ・コレクション)や、鉄道事業の現場で活躍する制服スタッフをモチーフにしたキャラクターコンテンツ「鉄道むすめ」の関連商品なども取り扱う。

施設の場所は埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-9-6 大宮センタービル1F。営業時間は平日が12時〜20時、土日祝日が11時〜19時。火曜定休(祝日の場合は営業)。21日のオープン日には11時45分からオープニングセレモニーが行われる。