誰でも起こりうる耳掃除の大失敗!回避できる快適な耳かきピックアップ

写真拡大

みなさん、耳かきってどのくらいの頻度でしていますか?
毎日?三日に一回?週に一回?月に一回?

諸説ありますが、二週間に一回程度、軽く掃除するのが良いらしいですよ。

【関連:おもしろくて知恵いっぱいの『秘密箱』の秘密】
 
ちなみにわたしは「耳垢なんて勝手に出てくるものだからする必要はないんだよ。やりすぎると耳を傷つけるのでよくないよ。逆に耳垢を押し込んでしまう原因になるよ」説を信じていまして、ずっと放置していました。

その後の展開はなんとなく想像つくかとは思いますが、耳垢がたまりすぎて耳がちょっと聞こえにくくなり、「やはり耳掃除したほうがいいのかな?」という結論に達して耳掃除をしたところ、まんまと耳垢を押し込んでしまい、耳が全然聞こえなくなって耳鼻科に駆け込む羽目になりました。

「二週間に一回程度」という先に述べたことは、そのときの病院の先生に怒られながら言われたお言葉です。

耳鼻科はこわいので耳掃除はちゃんとしようと決意したものの、いつもの耳かきではまた押し込んでしまう危険がある。しかし、「これだけ発達した現代社会なら、耳かきだって発達してるんじゃないの?」ということで耳かきについて調べてみました。

 
1.へら型耳かき
最も一般的なタイプです。木で作られているものをよく目にしますね。

へら型

 
2.ののじ型耳かき
形はへら型に似ていますが、二重のワイヤーでできており、中央部が空洞になっているため、へら型より耳に負担がかからないとか。

ののじ型

 
3.円盤型耳かき
円盤が数枚取り付けられており、へら型やののじ型のように耳垢をかきだすと言うよりは、円盤にからみつけるようにして耳垢を取るのが特徴です。

円盤型

4.スパイラル型耳かき
ののじ型+円盤型です。ワイヤーがぐるぐるぐると巻きつけられており、耳の中で軽くぐるぐるすると耳垢がワイヤーの隙間に引っかかるようにして取れます。

スパイラル型

 
このように耳かきといっても様々な種類があることがわかりました。ここでは四種類だけ挙げてみましたが、実際はもっとハイテクなものもたくさんあるみたいです。

ちなみにわたしはどれにしようか迷ったあげくスパイラル型を選びました。お値段もお手頃で押し込む心配もなさそうだったからです。
感想としては、とてもいいです!耳のなかでくるくるすると垢がくっついてくれるので簡単で楽しい。いっぱいくっついてるとテンションが上がります。短所といえば、からみついた耳垢を取るのがちょっと大変かな?ぐらいのものです。対して気になりません。

うまく掃除できる人や掃除してくれるお相手がいる人はどんなものでもいいと思いますが、そうでない方は是非お気に入りの耳かきを探してみてはいかがでしょうか。快適になりますよ!

参考サイト:耳掃除総合情報サイト 【耳掃除web】http://mimisoji.web.fc2.com/

(文:小石原 幸奈)