マーティン・ツバイク/米国で最も著名な株式市場アナリストの1人であり、市場トレンド分析の第一人者。約1兆円の資金を運用するという著名なファンドマネジャーでもある【イラスト/南後卓矢】

写真拡大

強い市場トレンドの中ひときわ強い銘柄を!

 上昇トレンドの発生を初期段階で判定するためには、「株価モメンタム(勢い)」と「金融政策の大きな転換」が極めて有効なシグナルになる。前回までは、そうした、全体市場についてのトレンド判定法について、ツバイクから学んだ。

 たとえば、金融政策が緩和に向かって大きく転換される中で、平均株価が数年ぶりといえるような勢いで底値から飛び出してくる――このような状況になったら、そこから1年以上にわたり大きな上昇トレンドが展開していく可能性が高い。では、その際、投資家はどんな銘柄を選んだらよいのか。このことについては、「業績も株価もひときわ強い動きを見せている銘柄を選ぶ」というのが、ツバイクの方針だ。

新聞を毎日チェックし業績の際立つ銘柄探す

 まず、「業績が強い」条件として、
(1) 売上げと利益が着実に増加
(2)それが、足元で加速している
(3)業績予想が上方修正されている
 などをツバイクは挙げる。

 こうした銘柄を探すために、ツバイクは、経済新聞の財務欄で、企業決算関連の記事を毎日チェックする。そこで、たとえば、1株益が100円→115円→132円→152円と着実に推移して、最新期の予想が190円になっているとする。成長率は、15%程度で着実に推移していたものが、直近で25%に加速しているわけだ。

 しかも、業績見通しが予想を上回るペースになっているならば、(1)〜(3)の条件を全て満たすことになる。ツバイクは、こういう銘柄を見つけると、新聞記事にチェックをして、メモに書き出す。そして、会社の事業内容などがある程度納得できるようなら、投資対象にしていく。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)