BUCK-TICKゆかりの地で上映会、25周年記念で製作の映画を最速上映。

写真拡大

ロックバンド・BUCK-TICKのデビュー25周年を記念して製作される、映画「劇場版 BUCK-TICK 〜バクチク現象〜」。前篇にあたる「I」が6月15日(土)から、後篇にあたる「II」が6月22日(土)からそれぞれ2週間限定で公開となるが、一足早く、メンバーゆかりの地である群馬県藤岡市での最速先行上映会が決定した。

25年にわたり多くの人々を魅了し続け、多くのアーティストに多大な影響を与えてきたBUCK-TICK。本作は、2011年に行われた毎年恒例の日本武道館ライブから2012年12月29日(土)に開催された武道館ライブまで、25周年の1年間の活動を完全に追い続け、レコーディングやライブの裏側、ツアーの密着など彼らの“活動の真髄”に迫ったドキュメンタリー作で、撮影素材は何と1,500時間を超える大作となっている。

先日、ファンクラブ用前売券や一般前売券の発売がスタートし、盛り上がりを見せている中、群馬県藤岡市の「藤岡市みかぼみらい館」で、6月1日(土)に最速先行上映会が行われることが決定した。BUCK-TICKのメンバー内に藤岡市出身がいるなど、バンドの生い立ちに所縁ある藤岡市だからこそ実現した企画とのことで、2014年に市制60周年を迎える同市の記念イベントとして、この上映会が実施される。

チケットは5月1日(水)から発売開始。「I」「II」の2本立て上映で、価格は4,600円だ。