新インフラ+賃上げで上がる株13銘柄
アベノミクス相場が今後も持続するには成長戦略が必須。かといって、手アカがついた感のある太陽光発電、スマートグリッド、電気自動車はもう古い。代わって主役の座を射止めるのは、ITインフラや婚活など多種多彩な内需サービス産業しかありえないのだ!


[ビッグデータ]設備投資拡大でITインフラ拡充 CAC、アルファシステムズなど
工場でなくITシステムの増強に向かう民間投資
「外国人投資家が大型株を買い上げたアベノミクス第1ステージは、東証1部の今期予想PERが20倍に達したことで終了。今後は高利回りの小型株が主役の第2ステージに移行」と語る投資ストラテジストの中西文行さんが注目するのはITインフラ関連。

「デフレ脱却には経済成長が必要不可欠。その鍵は、GDPの約1割を占める民間設備投資です。かといって家電メーカーが巨額資金を投じた国内工場が経営危機の元凶になるような状況では、工場新設には動けない。設備投資の柱は、クラウド、ビッグデータ、スマホ向けなど成長著しい通信・インフラ基盤の整備にならざるをえません。官民挙げてのITインフラ投資で潤うソフトウエア関連の小型株が、アベノミクス第2ステージの主役でしょう」

関連銘柄には20万円以下で購入可能なPBR1倍割れ、配当利回り4%台の超割安株が豊富。製薬会社向けシステム構築のCAC、モバイルソフト受託開発のアルファシステムズ、金融系に強いエックスネットやクレスコ、地方公共団体に強いTKC、IBMと密接なJBCC、日立向けに強みのあるCIJも有望だ。

[婚活]→賃上げで結婚 ワタベウェディング、空港施設など
式場だけじゃない。隠れたウエディング銘柄とは
風が吹けばおけ屋が儲かる式の飛躍的発想で「アベノミクスで婚活産業が大活況になる」と予想する中西さん。

「安倍首相が経団連に賃上げ要求したことでもわかるように、物価上昇2%の達成にはサラリーマンの給与増が必要不可欠。物価だけ上昇して給料が上がらないようではアベノミクスは大失敗です。今後、給料が上がるという期待が高まれば、将来不安で未婚率が急上昇している20代、30代も心おきなく婚活、結婚に踏み切れるはず。ワタベウェディング、ブライダルフォトアルバムのナカバヤシなどに期待が持てそうです」

新婚旅行需要で盛り上がる空港施設、結婚指輪のF&Aアクア、新居の家具購入特需のある島忠、ヤマダ電機など隠れ婚活銘柄にも注目。



中西文行(なかにし・ふみゆき)
投資ストラテジスト

システムエンジニア、SMBCフレンド証券などを経て現職。海外勤務経験を生かした、鋭い市場予測と的確な銘柄分析や幅広い情報網には定評あり。株式相場大活況を受けて各地各所でのセミナー、講演活動で大忙しの毎日を送る。



この記事は「WEBネットマネー2013年5月号」に掲載されたものです。