<マスターズ 最終日◇14日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 ジョージア州にあるオーガスタ・ナショナルGCを舞台に開催された「マスターズ」の最終日。決着は、共に最終18番をバーディとしトータル9アンダーで並んだアダム・スコット(オーストラリア)とアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)のプレーオフに持ち越された。
 プレーオフ1ホール目(18番)は共にパー。迎えたプレーオフ2ホール目(10番)、カブレラのバーディパットは惜しくもカップをかすめパーとしたのに対し、スコットは4メートルのバーディパットをねじ込みバーディ。スコットがオーストラリア人初のマスターズチャンピオンとして栄光のグリーンジャケットを手にした。
 2打差の単独3位にはジェイソン・デイ(オーストラリア)、さらに2打差の4位タイにはタイガー・ウッズ(米国)とマーク・リーシュマン(オーストラリア)が入っている。
 トータル8オーバー56位タイからスタートした石川遼はマスターズ自己最高となる“68”をマーク。順位を38位タイに上げて今年の「マスターズ」を締めくくった。

【最終結果】
1位:アダム・スコット(-9)
2位:アンヘル・カブレラ(-9)
3位:ジェイソン・デイ(-7)
4位T:タイガー・ウッズ(-5)
4位T:マーク・リーシュマン(-5)
6位T:トービヨン・オルセン(-4)
6位T:ブラント・スネデカー(-4)
8位T:セルヒオ・ガルシア(-3)
8位T:リー・ウェストウッド(-3)
8位T:マット・クーチャー(-3)
38位T:石川遼(+4)他7名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ゴルフバーの美人キャディさんが登場!「今日の美ゴ女」