オーストリア王室御用達「ゲルストナー」銀座ショコラストリートにカフェ初出店

写真拡大

 オーストリアの皇妃エリザベートや天皇皇后陛下に献上された王室御用達のショコラブランド「ゲルストナー」が、日本に初上陸する。スイーツ店が300以上集中している激戦区に位置する銀座ショコラストリートに、音楽の都ウィーンの文化を表現するカフェを出店。音楽通も楽しめる仕掛けを用意した店内では、コーヒーの上に生クリームをのせたアインシュペナーを日本限定でオリジナルにカスタマイズすることができる。オープンは5月1日が予定されている。

ショコラティエ「ゲルストナー」初上陸の画像を拡大

 「ピエールマルコリーニ」や「ジョエルデュラン」など世界の高級チョコレート店が並ぶ銀座ショコラストリートの5店舗目として出店する「ゲルストナー」は、当時のヨーロッパ宮廷随一と言われる美貌を持ち、オーストリアの女性から絶大な人気を集めたハプスブルク家の象徴シシィが生涯愛していたという。カフェではシシィやヨーゼフ1世といったウィーンに関係の深い貴族の名前をイメージしたアインシュペナーを日本向けにアレンジして販売。生クリームをはじめ、キャラメルやアーモンド、スミレの砂糖漬けといったトッピングを加えることで、これまでにないアインシュペナーの香りを提供する。また、コーヒーやショコラドリンクに加えてスイーツや軽食といったフードメニューも多数展開。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの音源を本国から取り寄せるなど、音楽通も楽しめる店内環境を整えるという。ショコラ