リーアム・ニーソンとウッディ・ハレルソン写真:Startraks/アフロ、写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

リーアム・ニーソンとウッディ・ハレルソンが、実在した男女2人組の銀行強盗ボニー・パーカーとクライド・バロウを追跡し銃殺したテキサス・レンジャー(警備隊)を描く新作「Highwaymen(原題)」に、出演オファーを受けていると米Deadlineが報じた。

大恐慌時代のアメリカで強盗を繰り返し逃走したボニー&クライドは、武装して待ち伏せしていたテキサス・レンジャーによる銃撃を受け、1934年に死亡した。ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ主演の傑作「俺たちに明日はない」(67)など、2人を題材にした作品は多数製作されているが、ジョン・フスコが執筆した今回の新作は、2人を捕えるために警備隊の招集を依頼された法執行官フランク・ハマーに焦点を当てる。

現在のところ、ニーソンとハレルソンが検討している役柄は明らかになっていない。監督は、サンドラ・ブロックがオスカーを受賞した「しあわせの隠れ場所」(09)のジョン・リー・ハンコック。14年第1四半期に撮影開始の予定だ。

本作のほかに、米ライフタイム局とヒストリーチャンネルが共同制作する、エミール・ハーシュとホリデイ・グレインジャー主演のミニシリーズ「ボニー&クライド(原題)」が進行中で、こちらはウィリアム・ハートがハマー役を演じる。

■関連記事
リーアム・ニーソン、「テッド」セス・マクファーレン監督新作に出演
ウッディ・ハレルソン&マシュー・マコノヒーが刑事ドラマで再タッグ
エミール・ハーシュ、ドラマ版「俺たちに明日はない」でクライド役に
「俺たちに明日はない」ボニー&クライドの物語を新たに映画化
「スノーホワイト」監督、次回作は宇宙版“ボニー&クライド”