エイドリアン・ブロディPhoto by Venturelli/WireImage

写真拡大

オスカー俳優エイドリアン・ブロディ(「戦場のピアニスト」)が、米ヒストリー・チャンネルが企画する、天才奇術師ハリー・フーディーニの生涯を描くミニシリーズ「フーディーニ(仮題)」に主演することが決定した。

フーディーニはハンガリー・ブダペスト生まれのユダヤ人で、“脱出王”の異名をとった20世紀を代表するマジシャン。ドラマでは、極貧の時代から世界的な名声を手に入れるまでを中心に描くという。過去には映画「魔術の恋」(1953)でトニー・カーティス、「奇術師フーディーニ 妖しき幻想」(07・日本劇場未公開)でガイ・ピアースがフーディーニに扮している。

ブロディがテレビ用の作品に出演するのは、96年の「ブレット・ハーツ(Bullet Hearts)」以来。テレビ映画「ニュルンベルク軍事裁判」のプロデューサー、ジェラルド・W・エイブラムスが制作総指揮を務め、エイブラムスの制作会社サイプレス・ポイント・プロダクションとヒストリー・チャンネルが共同で制作する。

同局で最近放送されたミニシリーズは人気が高く、昨夏の「宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ」は、全3話の合計視聴者数が1430万人を記録。続く、聖書を題材にした「ザ・バイブル(原題)」は初回の視聴者数1310万人で、以降も好調を維持した。

ブロディが出演した、ポール・ハギス監督の「サード・パーソン(Third Person)」は今年、ウェス・アンダーソン監督の「ザ・グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)」は14年、米国で公開される予定。

■関連記事
ウェス・アンダーソン監督の超豪華キャスト新作、ベルリンでクランクイン
聖書を題材にしたドラマ「ザ・バイブル」が高視聴率を記録
75歳ウッディ・アレン監督、最新作がキャリア最大のヒット作に
眞鍋かをり、A・ブロディの肉体美に「ありがとうございます!」
「魔術の恋」作品情報