『93番目のキミ』

写真拡大

小説家・山田悠介さんの作品『93番目のキミ』を発売するのを記念して、文芸社は「山田悠介ネーミングキャンペーン」を2013年4月15日にスタートする。山田さんはデビュー作『リアル鬼ごっこ』や、『親指さがし』『×ゲーム』などで知られ、若者から高い支持を受けるベストセラー作家だ。

「スマート・ロボット」が登場する物語

文芸社から4月18日に刊行される同書には、人々の生活を助け、快適にする「スマート・ロボット」と呼ばれる製品が登場する。後継機にあたる「スマロボII」は、「相棒アプリ」をダウンロードして利用する機能も搭載している。登場人物の大学生・ナリタは、このロボットを入手してキャンパスライフを楽しんでいたが、ある姉弟と出会ったことで、運命の転機が訪れる――。

「山田悠介ネーミングキャンペーン」では、文芸社から刊行される山田さんの次回作に、自分と同じ名前のキャラクターを登場させる権利が抽選で3人に当たる。氏名などの必要事項を記入して特設サイトから応募すると、ウェブサイト「山田ワールド」で7月1日に結果発表され、当選者にはメールで通知される。応募は5月15日まで。