<フェザー級/5分3R>
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
サム・シチリア(米国)

オーソからサウスポーに構えを変えたブランコは、左ハイキックでバランスを崩すもそのまま組みついてシチリアに尻餅をつかせる。腕を取ろうとするシチリアは、立ち上がってキムラを自ら外して距離を取りなおす。オーソのブランコは左ジャブを伸ばすも、シチリアのアッパーからストレートに後退する。ブランコの右ローがヒットするとも、直後にシチリアが右アッパーを放つ。

重心もガードも低い構えで、シチリアの前進にカウンターを合せようとするブランコは、構えを変えながらローを連続で放っていく。左ジャブから右前蹴りを見せたブランコに対し、シチリアは頭を振りながら前に出る。ブランコは左ジャブでシチリアを突き放し、右ストレートから左ローへ。真騎士ことブランコが、手数で初回を取ったか。

2R、フックを振るいながらプレッシャーを掛けたシチリアの右で、ブランコが尻餅をつく。ケージに追い込まれ、バックを許したブランコはケージを掴んで注意が与えられる。弱気の虫が除かれるようになったブランコは、左右のフックを打たれながら距離を取る。と、シチリアの左右のフックにブランコが猛然と反撃を開始する。左フックを打ち込み足を止めてのフックの打ち合いのなからダブルレッグでテイクダウンを奪取するや、瞬く間にマウントへ。ケージ蹴り、背中を預けて立ち上がったシチリアは胸を合わすと、試合は再び打撃の距離へ。

ブランコの左ジャブ、シチリアは右アッパーと左フックを見せる。シチリアの右フックを受けて一瞬たじろいだブランコだが、逆にワンツーを打ち込む。やや距離を取りあった両者、2Rが終了しここもブランコのモノとなったか。最終回、開始直後にフックを打ち合ったブランコが、後回し蹴りを見せる。シチリアの右アッパーを受けてなお、左右のフックを打ち込んだブランコはシチリアのテイクダウン狙いを潰し、マウント狙いからギロチンへ。

シチリアは首を引抜き、亀の態勢から一気に立ち上がるとケージにブランコを押し込んでいく。体を入れ替えたブランコが、ワキを潜ってバックに回り、そのまま寝技に持ち込もうとしたが、シチリアもスクランブルを制し立ち上がる。頭を振って右フックから組みこうとしたシチリアを潰し、横三角を狙ったブランコ。ケージ、アイピックに続きエルボーで注意されると、がぶりから微妙なタイミングでヒザをくりだす。スイッチから引き込んだシチリアが立ち上がって思い切りフックを振るうも空振りに終わる。と、ここでタイムアップとなりブランコはケージによじ登って大声を挙げて勝利をアピールした。

結果、3−0でオクタゴン初勝利を手にしたブランコは「日本は第二の故郷。そこで練習していると負けるわけない」と日本語でコメントを残した。