<マスターズ 3日目◇13日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー「マスターズ」は3日目を終了して、トータル7アンダーの首位タイに09年大会覇者のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)と、08年大会に2位で最終日を迎えながら“77”を叩いて涙にくれたブラント・スネデカー(米国)が並んだ。

 この2人を追いかけるのが、母国に初のグリーンジャケットをもたらそうとするオーストラリア勢。1打差の3位にアダム・スコット、トータル5アンダーの4位タイにはジェイソン・デイ、マーク・リーシュマンといずれも初のメジャータイトルを狙う面々が揃った。
 この日“69”で単独3位に浮上を果たしたスコットは「彼はぼくの子供の頃からのアイドルだった」というグレッグ・ノーマンもなしえなかった偉業達成に意欲は十分。昨年の「全英オープン」では4打差をつけて最終日を迎えながら、最終日にスコアを落としクラレットジャグを逃している。2011年大会2打差の2位タイに終わった悔しさもまとめて返してみせる。
 そのスコットと並んで2011年大会2位のデイは「オーストラリアにとって素晴らしい機会がおとずれたね。明日何かが起これば素晴らしいこと」と上位を母国の選手で争うことに興奮している様子。2打差を追いかけて勝負の18ホールに挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
タイガー・ウッズを失格から救った“ハリントン・ルール”とは?
<速報>B・スネデカーとA・カブレラが首位タイに浮上!遼は56位タイ
マスターズ情報も更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング