※画像は剛力彩芽写真集「滴〜Shizuku〜」(集英社)

写真拡大

 低視聴率女王なんて陰では叩かれている剛力彩芽だが、本人はまったく気にするところがないともっらぱらだ。

 先日はフジテレビ系のドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の最終回視聴率が8.1%で、月9史上最低の数字を記録した。このことでさぞ本人も落ち込んでいるかと思いきや、ドラマの制作関係者によると「本人は『やっぱり原作が難しすぎて数字が取れないよね。演ってるときからそう思ってた』と平然と言っていて、周囲を驚かせた」というのだ。

 所属事務所の力で露出は、タレントの中でも突出して多い剛力だが、その人気はさっぱり。

「それでも演技力を身に付ければ評価も高まるものですが、長いセリフを読むのに生かせると薦められた読書には応じず、『読むのは台本だけで十分』と笑顔で断っていました。性格は明るくていい子ですが、まったく自分に落ち度はないと思い込んでいる天然の自信家なので困りました」(同)

 もっとも、本人が努力しなくとも仕事が次から次へと舞い込むため、実力向上の必要がないという状況もある。テレビ関係者によると「事務所のゴリ押しはもちろんですが、ポスト上戸彩の一角として売られているので番組スポンサーには受けがよく、スポンサーありきで番組出演が決まっているところが大きい」という。

「彼女の出演料は、実は世間で言われているよりずっと安いんです。上戸の半額以下なのでスポンサーから歓迎されていて、安いから露出が増え、露出が増えるから価値が上がってさらにお買い得感が増すという循環になっているんです」(同)

 スポンサーありきであれば、ドラマの中身よりも先に剛力の配役が前提で話が進むというから、剛力に似合わない配役が多いのも当然だ。

「忙しい中で、周囲がその仕事獲得の背景も明かさず『彩芽ちゃん、また仕事が入ったよ』とだけ言うので、本人は人気急上昇だと思い込んでいると思います。あるとき『私、自分がいくら稼いでいるか知らない』と笑っていましたが」(同)

 別のドラマ関係者によると、あるベテラン女優が「ちょっと本格的な演技の指導を受けたら、もっとよくなるよ」と本人にアドバイスしたことがあったというが、剛力の回答は「今のままで、『個性もあってすごくいい』ってみんな言ってるから大丈夫」と、これまた笑顔の拒否だったとか。

 一説にはそのべた褒め一色は事務所の方針ともいわれるが、ひどい棒読みで映画ファンの怒りを買っていた映画の吹き替えも、本人は「いい仕事ができた」としているのだからかなわない。ある雑誌ライターは彼女にインタビューした際「『この仕事をしていて、つらいと思ったことが一度もない』と言っていた」そうだが、これだけ絶賛の中に生きていれば、それも当然か。