「ブレードランナー」写真:Album/アフロ

写真拡大

米カルチャーサイトFlavorwireが、「原作者が気に入っている自作の映画化作品10本」を特集している。

スタンリー・キューブリック監督が映画化した「シャイニング」をスティーブン・キングが酷評した話など、原作者が自身の小説の映画化作品を嫌いだという話はよく聞くが、一方で、気に入っているという話についてはあまり取り上げられないかもしれない。

ブレードランナー」の原作者フィリップ・K・ディックは、同作の公開を待たずに死去したが、映画の一部を鑑賞した時点で、プロデューサーに対して次のような手紙を送っていたという。「『ブレードランナー』は、一般大衆、表現者、そしてSFというジャンルに対して、とてつもない影響を与えるだろう。(中略)私の人生も作品も、『ブレードランナー』によって正当化され、完成された」

原作者が気に入っていることを表明している10作品は以下の通り。

▽ フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
→「ブレードランナー」(82/リドリー・スコット監督)

▽ エルモア・レナード「ラム・パンチ」
→「ジャッキー・ブラウン」(97/クエンティン・タランティーノ監督)

▽ジェームズ・エルロイ「L.A.コンフィデンシャル」
→「L.A.コンフィデンシャル」(97/カーティス・ハンソン監督)

▽デニス・ルヘイン「ミスティック・リバー」
→「ミスティック・リバー」(03/クリント・イーストウッド監督)

▽ジョン・グリシャム「原告側弁護人」
→「レインメーカー」(97/フランシス・フォード・コッポラ監督)

▽P・D・ジェームズ「人類の子供たち」
→「トゥモロー・ワールド」(06/アルフォンソ・キュアロン監督)

▽J・G・バラード「太陽の帝国」
→「太陽の帝国(1987)」(87/スティーブン・スピルバーグ監督)

▽デビッド・ミッチェル「クラウド・アトラス」
→「クラウド アトラス」(12/ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ共同監督)

▽アン・ライス「夜明けのヴァンパイア」
→「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(94/ニール・ジョーダン監督)

▽スーザン・オーリアン「蘭に魅せられた男 驚くべき蘭コレクターの世界」
→「アダプテーション」(02/スパイク・ジョーンズ監督)

■関連記事
リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定
「クラウド アトラス」特別映像で監督×原作者×役者が思いを熱弁
リメイク不可能な伝説のはまり役8人
英誌が選ぶ「スティーブン・キング原作映画ベスト20」
J・エルロイ原作「ホワイト・ジャズ」にリーアム・ニーソン出演?