『サイコ』撮影中に演技指導をするアルフレッド・ヒッチコック監督
 - 写真:Photofest/アフロ

写真拡大

 イギリスのバスルーム販売会社が映画の中で記憶に残るバスルーム・シーンのアンケートを取り、映画『サイコ』がトップに輝いたという。

 UKBathrooms.comによると、『サイコ』は票の72%を獲得して1位に。2位は映画『トレインスポッティング』のトイレで麻薬を探しまわるシーン。3位はベン・スティラーがズボンのジッパーで大変な目に遭った映画『メリーに首ったけ』が選ばれた。

 「『サイコ』のシャワーシーンは誰の記憶にも残っているシーンです。もう何十年も前の映画でありながら、今でも観客に大きなショックを与える力を持っています。あれを観た後は多くの人がシャワーを浴びるのが怖くなったでしょうね」と同サイトのピーター・グレッグはコメントしている。

 映画『シャイニング』、『プリティ・ウーマン』、『パルプ・フィクション』、『ホワット・ライズ・ビニース』などもトップ10に入っている。(澤田理沙)