ジョン・クラーク・ゲイブル
 - Neilson Barnard / Getty Images

写真拡大

 先日、酒気帯び運転の疑いと当て逃げで逮捕されたクラーク・ゲイブルさんの息子ジョン・クラーク・ゲイブルが、酒は飲んでいなかったと主張している。

 ジョンはカリフォルニア州マリブのパシフィック・コースト・ハイウェイで計7台の車に追突する事故を起こしたが、気を失ったことが原因で、気付いたら電柱に突っ込んでいたとTMZ.comに語った。

 ジョンによると、2006年と2009年に軽い脳動脈瘤(りゅう)を患い手術を受けているとのこと。今回の事故を受け、病院で再発したかどうかの検査を受ける予定だという。

 事故後、警察はジョンの血中アルコール度数をチェックしているが結果は公表されていない。本人によると、マウンテンバイク事故で脚を痛めているため、痛み止めの薬は飲んでいるというが、それ以外の薬物は飲んでいないという。(澤田理沙)