トーソー 外付けロールスクリーン「マイテックアウター」新発売

写真拡大

トーソー(株)では、夏の省エネ・節電ニーズに向けて、インテリア業界でも関心が高まっている外付けロールスクリーン「マイテックアウター」を、4月15日(月)に新発売する。
夏の冷房効果を高めるためには、窓の外側で直射日光を遮ることがもっとも効果的であることから、外付けスクリーンやオーニングなど外付け製品が注目されている。こうした中、同社では室内用ロールスクリーンメーカーとしてのノウハウを駆使し、コンパクトで機能性の高い「マイテックアウター」を開発した。

まずスクリーンには、耐久性の高いスクリーンシリーズ「カイト」(ポリエステルをPVCでコーティングした繊維で織った生地・3色)を採用、メカ機構では「クラッチ式」と「ノンクラッチ式」の2種類を用意した。「クラッチ式」はクラッチの機能で任意の位置にスクリーンを止められる他、左右にガイドワイヤーが付属しており、風のバタツキが防止できる。また室内側から操作しやすいようにウエイトバーの形状を工夫、スローストップ機能も標準装備した。この他、取り付け用金具やボトム固定ベルトなどのオプションも充実している。
同社では、窓の内側と外側の両面から、窓辺を総合的に提案していくとしている。