人生初の舞台挨拶に立った石丸博也

写真拡大

30年以上にわたりジャッキー・チェンの日本語吹き替え声優を務めてきた石丸博也が4月13日、ジャッキーが“最後のアクション大作”と公言する「ライジング・ドラゴン」の公開初日に、都内で人生初の舞台挨拶を行った。アクションを交えつつ大立ち回りのシーンのアフレコを実演し、ファンは大喜び。「みんな、劇場に足を運んでくれて嬉しいぜ! サンキュー、シェーシェー! ジャッキー・石丸・チェンでした」とハイテンションで挨拶。これまで、公の場にほとんど姿を現すことのなかった石丸の姿に、観客席は興奮に包まれた。

石丸は、「吹き替え版が上映されるようになったのは最近だもん。昔は声優が舞台挨拶するなんて考えられなかった」と説明。この日は、アフレコ本番と同様にキックやパンチを繰り出しながらジャッキーの声を生で披露する大サービスを見せたが、「あがりっぱなしです。アテレコやっている方がずっといい。2度と来たくないね。年も年だし、みなさん考えてよ」とボヤキを連発し、笑いを誘った。

共演陣の魏涼子、本多真梨子、堀川千華らがジャッキー作品の激しいアクションシーンの吹き替えの難しさについて言及したが、石丸は「全体の流れを頭に入れておけば台本を見なくても画面を見ながらできる」とこともなげに語り、観客、共演陣をうならせていた。とはいえ、やはり激しいアクションシーンは過酷なようで、ジャッキー本人に直接会った際に「あまりにも立ち回りがすごいので『頼むから短くならないか?』と言ったけど、ニヤッと笑っただけで、それ以後も短くならなかった」と苦笑交じりに明かした。

ちなみに、石丸がジャッキー作品のベスト1として挙げたのは「ゴージャス」。一方で、「嫌いなのは『新宿インシデント』。暗くて怖いし、ああいうのはジャッキーに似合わない」とピシャリと言い切る。本作限りで本格アクションからの引退を公言しているが、石丸は「やはりこれで引退すると思った」と認めつつ、「彼はまたやる。作るって!」と希望を込めて呼びかけた。

■関連記事
【予告編】「ライジング・ドラゴン」
ジャッキー、“最後”のアクション大作予告で火山めがけて決死のダイブ
ジャッキー最後のノースタントアクション映画、中国で興収115億突破!
「新少林寺」吹き替えで小野大輔&石丸博也ら人気声優が結集
次長課長、中川翔子らも熱いエール!「東京国際ジャッキー映画祭」