明日は最終組でラウンドする植竹(撮影:ALBA)

写真拡大

<スタジオアリス女子オープン 2日目◇13日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース (6,444ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の2日目。21位タイから出た葛飾区立奥戸中学校3年生のアマチュア、植竹希望(うえたけ・のぞみ)がこの日6バーディ・2ボギーの68をマーク。スコアを4つ伸ばしトータル2アンダー3位タイに急浮上した。
撮れたて!LIVE写真館をチェック
 植竹はこの試合がプロ初出場。もし優勝すれば14歳と259日で、昨年の「サントリーレディス」を制したキム・ヒョージュ(韓国)のツアー最年少記録16歳と332日を更新することになる。
 「とにかく嬉しい」とここまでの結果に笑顔を見せた植竹。一時は3アンダーまでスコアを伸ばしたが、17番でグリーンに向かう際にボランティアスタッフから“今、トップだよ”と教えられここは3パットのボギーに。「正直、教えてもらいたくなかったです(笑)」、終盤はカメラマンたちが大勢植竹の組につくなど緊張する場面があったが、それでも大きく崩れることなくペアリングデータが残る2002年以降では最年少で最終日最終組入りを決めた。
 明日の抱負を「私はアマチュアで技術も足りていないと思うので、あまり順位を考えないで楽しくやりたいです」と話した植竹。これまで以上に緊張する場面の連続になるだろうが、優勝するにせよしないにせよこの経験が植竹の大きな財産になることは間違いない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
<速報>酒井美紀、黄アルムが首位タイ、アマチュアの植竹希望らが1打差で追走
堀奈津佳に2勝目のチャンス!1打差3位タイで最終日へ
AKB48 山内鈴蘭のナンでもやってやろう!更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング