「35歳の高校生」米倉涼子に勝てる?制服姿に違和感ない芸能人

写真拡大

13日(土)にスタートする土9ドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ系)で、一足先に披露された米倉涼子(37)の制服姿が話題となっています。

スタイル抜群で美しい彼女は、自分の制服姿を「ヤバイ、何か違う。微妙」と言いながらも、カッコいいオーラ全開です。

けれど、彼女と同年代の女性芸能人には、制服姿により違和感のない『年齢不詳美人』がたくさん。

ここに、そんな6人をピックアップしてみましょう。

筆者が独断と偏見で選ぶ!制服が似合う女性芸能人

日本テレビ系ドラマ「35歳の高校生」は、米倉涼子演じる35歳の女子高生、馬場亜矢子が、現代の学校や高校生を取り巻く様々な問題と向き合い、解決に導いていくというストーリーです。

馬場亜矢子(まさか「婆」を暗に意味?)の芯の強さを物語るように、米倉の制服姿がかもしだす雰囲気は「挑発的」「颯爽とした」「男前」といったイメージ。

けれども、「かわいらしい」「童顔」「自然体」など、米倉とは違った魅力で制服姿をイメージできちゃう、素敵な30代〜アラフォーの芸能人は他にもたくさんいます。

筆者の独断と偏見で、6人を厳選してみました。

●その1:吉川ひなの(33)

1年前に女の子を出産した彼女ですが、独特のかわいい声と元祖8等身のスタイルは健在。
CMでも、ママとは思えないナイスバディを披露しています。

●その2:安室奈美恵(35)

ダンスパーフォマンスで鍛えられた肉体美&小顔のバランスは群を抜いています。
もともとのかわいい造詣や洗練されたセンスも相まって、制服姿もノープロブレムでしょう。

●その3:観月ありさ(36)

昔はリアルにセーラー服姿を披露することが多かった彼女ですが、大人になった今では、ほどよいお色気が加わり、なおアリではないでしょうか? 
かわいい系と活発系、どちらのタイプの女子高生もOKな感じです。

●その4:本上まなみ(37)

同い年の米倉涼子とは正反対の魅力とも言える彼女をチョイス。
最近第二子を出産したとの報道がありましたが、その透明感や癒やしオーラにおいて、なかなか彼女を越える人は現れません。
制服もナチュラルにフィットしそうです。

●その5:吉村由美(38・PUFFY)

相棒の亜美ちゃんもそうですが、いつまで経ってもデビュー当時のアンニュイで自然体のかわいらしさをキープ。
脱力系と言われた個性的な魅力は、今でも十分、高校生に通じるものがありそうです。

●その6:森高千里 (43)

「私がオバサンになっても」と歌いながら、自らが真のオバサン化することなく年を重ねてきた奇跡のアラフォー。
3月30日に栃木で行われた15年ぶりのコンサートでは堂々とミニスカも披露しました。

そんな彼女にとって制服姿など朝飯前なのです。夫の江口洋介も鼻高々でしょうね。

35歳のJKに期待!

同プロデューサーは、ヒロイン像について「空気を読んだり周りに同調することなく、“そんなの関係ない”と突き通すような部分が魅力」と語っています。

ドラマ「35歳の高校生」初回は、本日4月13日、日本テレビ系で毎週土曜日夜9時20分から放送されます。

米倉涼子の胸のすくような演技に期待したいですね!

Written by 小宮山蘭子
Photo by 日本テレビ公式ホームページ