サッポロHD社長 上條 努氏

写真拡大

■昔は本をほとんど読んでいなかった

高校までは野球少年だったんです。読書なんてほとんどしなくて、大学に入ってから、「少しは読んどきゃよかった」と後悔したくらい。大学入試は世界史選択でしたが、実際に世界史に関する本を読むこともなく、いま頃になってようやく塩野七生さんを読んでいます。だいぶ遅れていますね(笑)。

大学生になり上京してからは寮に入りました。出身地も通っている大学もさまざまな学生が集まる寮内には、壁一面ベターッと難しそうな本を並べているようなのもいて、「いったいこいつはどういう興味と関心で、こんなに本を読んでいるんだろう」とびっくりしたことを覚えています。ちょうど司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』が話題になっていた頃です。

いまは年間に80〜100冊ほど読んでいます。私は単身赴任生活が19年と長かったんですよ。そのせいもあり、週末には散歩をしながら書店を巡り、気に入った本を買う習慣がつきました。就寝前の30分間、電車や飛行機などの移動時間を利用して、実用書から小説まで、特にテーマは決めずに興味のある本から読んでいます。

たとえば、ここに挙げた『マゼラン最初の世界一周航海』は、ちょっと毛色が変わっていておもしろかった本です。1519年にマゼランはポルトガルから船に乗って世界一周の旅に出ます。その船路を同行者が記述した本がこれです。もっとも肝心のマゼランは途中で死んじゃうんですけどね。世界を一周していない(笑)。

この本を読んで思ったのは、結局のところ、国や時代が変わっても人間の一番の関心事は同じなのだなということです。食と性。この2つは人類の共通関心事だからこそ、新しい土地にたどりつくたびに必ずこの2つは報告されているのです。

2011年、サッポロビールはベトナムに工場を開きました。実はベトナムは胡椒の世界ナンバーワンの産地なんですよ。胡椒といえば古くはシルクロードや海の交易で世界に伝わったアジアの香辛料です。つまりこの時代の航海の様子を知ることは、私の本業にとってもおおいに関係のあることなのです。

もう1つ、この本を読んで感じたのは、「世界に出る」とはどういうことかということです。世界地図を広げながらこの本を読むと、つくづく16世紀の昔に、よく海に乗りだしていったなと思うんです。「風で沈没しそうだ」と言いながらも、あの長い航海を成し遂げている。あるいは「こんなところに人なんているのか?」と思うようなところにもちゃんと人は住んでいる。人間って不思議な生き物ですよね。

この報告書の中では、ところどころ現地の言葉の辞書のようなものがつくられています。異文化同士が出合うときには、必ずどちらかがどちらかの言葉を勉強しているわけで、その最初の形がここには表れているんですよね。かつて日本にポルトガルの宣教師が来たときも、宣教師か日本人か、どちらかが互いを理解するために言語習得という努力をしていたわけです。

日本の企業もどんどん海外に出ていかなくてはならない時代がきていますけど、先人たちがどうやって未知の世界に飛び込んでいったかを知ることは、大切だと思うんです。当たり前のことですが、日本は島国で四方を海に囲まれています。結局いつかは外に出ていかなくてはならないんですよ。その中で、企業としての知的好奇心をどう世界に向けていくのか。そんな核となる刺激を与えてくれた本でした。

食品メーカーとして、技術を生かした経営とはどういうものなのか。それをいつも考えている中で手に取ったのが、『なぜ技術経営はうまくいかないのか』でした。

サッポログループに限りませんが、技術だけを取り出して経営していく形態はもう成り立たないと思うんです。技術の評価、あるいはその技術を運営する組織力、そういうさまざまな側面を統合していく力を企業として養っていかないと駄目で、その意味で、どのようにその問題をクリアしていけばいいのかを考えさせてくれた本です。

■電子書籍よりもやはり紙の本

私たちもホールディング体制でやっているわけですが、コーポレートの技術力や商品の開発力、あるいは現在だけではなく将来にわたって研究していかなければならないネタなど、課題はたくさんあります。いまのところ私たちは、2016年を1つのターゲットとして動いていますが、もちろんそこで会社が終わるわけではありません。さらにその先の技術研究の目処をもっていないと、食品メーカーとしては立ち行きません。

目の前の事業だけではなく、将来の事業に広がりをもたらす要素に誰かが目をつけておくべきで、それをやりたいと思っています。そのためにもこの本は、「ちょっとおまえ、これを読んでおけよ」とサッと渡すことができる(笑)。前提を共有してから議論に発展させることができるんです。

昔、私が社長職に就く前は、「社長は1人しかいないんだから、周囲がいろいろな選択肢を提示してあげたほうがいいんだろう」と思っていました。右と左という選択肢を周囲があえて示すことで、社長の頭の中も広がるんじゃないかと。その意味でいえば、読書は頭の中の選択肢を増やすための1つの方法なんですよね。考えるための糧は、できるだけたくさんもっていたほうがいいわけで、実は社内でも「ブックチャレンジ制度」という形で、社員への読書推奨システムを導入しています。自由参加で、各人がテーマと目標冊数を決め、達成したら図書券をプレゼントする制度です。なかなか人間って難しくて、自分で経験しないとわからないことも多い。本を読んで得た知識と、実際に自分で体験したことの差を感じるのも大切なのではないでしょうか。

ちなみに私はもっぱら書店で本を購入しています。いまは書籍の刊行点数も多いので、何を読んでいいのかわからなくなるほど。その中で何を読もうかと考えたときに、やはり現物を見たほうが早いし刺激も受けやすい。こんなことを言うと時流に乗り遅れているかもしれませんが、電子書籍も駄目なんです。「いまどき、紙ベースですか?」と言われますが、やっぱり紙の本が好きなんですよね。

電子書籍の場所をとらない能力は素晴らしいですが、書店を巡りながら自分の目に触れたものを自分の手で選んでいく泥臭い作業が、やはり私には合っているんでしょうね。

■上條 努氏がお勧めする本

『ハングリーであれ、愚かであれ。スティーブ・ジョブズ』
[著]竹内一正(朝日新聞出版)
――「私には決して真似できない」(上條氏)経営本、異端児の物語。

『日本人の誇り』[著]藤原正彦(文春新書)
――著者の日本史観がストレートに書かれており、日本人に誇りと自信を与える。

----------

サッポロHD社長 上條 努
1954年、宮城県生まれ。76年慶應義塾大学法学部卒業後、サッポロビール入社。85年サンフランシスコ支店長。96年サッポロビール飲料(現サッポロ飲料)出向。2003年取締役兼常務執行役員。07年サッポロHD取締役、11年より現職。

----------

(三浦愛美=構成 小原孝博=撮影)