ファン参加型投稿サイト「ozkn.net」
 - 画像はスクリーンショット

写真拡大

 ミュージシャン・小沢健二によるファン参加型の投稿サイト「ozkn.net」が4月24日の開設1周年をもって終了することが明らかになった。告知では「第一期を終了します」とされており、13日現在、1,065個の投稿が寄せられている。

 同サイトは小沢のオフィシャルサイト「ひふみよ」とは別に、昨年4月にオープンしたファン参加型の投稿サイト。ブログサービス「Tumblr」を活用する形で、ファンの寄せたメッセージや画像が掲載されていた。

 13日、同サイトは終了を告知。「当ozkn.netは来たる4月24日をもちまして 一旦終了させていただく事になりました。この一年の間にご投稿をいただいた大勢の方々、ご覧下さったみなさんに支えられて無事この日を迎えられた事を心より感謝いたします。どうもありがとうございました」と感謝をつづった。

 併せて、「みなさんの日常がたゆみなく続いて行くように 犬も吠えますがキャラバンはどんどん進んでいきます。まだもう少し続きますが、終了後も hihumiyo.net ともども どうぞよろしくお願い申し上げます。春の日に」とメッセージを掲載している。

 小沢は先月21日より、昨年行われたコンサート「東京の街が奏でる」を振り返った文章をオフィシャルサイトで公開。また、昨年12月には妻・エリザベスさんの妊娠を発表。今年6月に出産を予定しているという。(編集部・福田麗)