セミナーや勉強会に意欲的に参加

写真拡大

がんばっているのに成果が出ない。そう感じているビジネスパーソンも多い。第一線で活躍し続けるにはもちろん、自己研鑽が必要だ。だが、その勉強は本当に、仕事の役に立っているのだろうか。ハイパフォーマーの学びの習慣を、600人アンケートの結果を交えながら紹介しよう。

▼村井瑞枝さんからのアドバイス

スクールは積極的に活用します。自分で自分を追い込んで勉強できる人もいますが、たぶん私には無理。精神力を鍛えて自分を律するより、スクールの強制力を借りて、勉強せざるをえない環境に飛び込んだほうが早いと思います。

勉強会や交流会も、わりと頻繁に参加するほうです。勉強会は中身もさることながら、多くは会ってみたい人が参加しているかどうかで決めています。尊敬できる人や、自分にないものを持っている人は、その存在が生きた教科書です。スキルや知識以外のところからも学べる部分が多く、刺激になります。

勉強会以外でも、人とのつながりは大切です。わからないことがあるときに質問できる友人知人がいれば、勉強を進めるうえでも心強い。そうはいっても、とにかく人に聞けばいいという安直な姿勢は厳禁です。自分で調べられるものは自分で調べ、質問するときは自分なりに仮説を立ててからするのが最低限のマナー。そのほうが、自分の理解も進みます。

----------

村井瑞枝●レストランプロデューサー
辻調理師専門学校にて調理師免許を取得後、米ブラウン大学、伊ボローニャ大学にてアートを学ぶ。帰国後、JPモルガン、ボストン コンサルティング グループを経て現職。訳書に『ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール』がある。

----------

▼阪部哲也さんからのアドバイス

学びたいテーマがあるとき、私はその分野の第一人者のセミナーに行くことにしています。その分野を切り開いた第一人者は、後発の人にないオリジナルな考え方や経験を持っているものです。

最短最速でトップに上りつめた人の話も貴重です。最短最速で成果を出した人の多くは、余計なことを端折って、本質的なことだけにすべてを注ぎ込んでいるからです。同じ時間を使うなら、そうしたものに触れられるセミナーのほうが得るものは大きい。

ただし、一流だからお金はかかります。私がよく行くのは、1回4万〜5万円のセミナーです。高いと感じるかもしれませんが、世界レベルの第一人者が講師を務めるセミナーであれば当然、費用もかかります。こうしたセミナーに年間50万〜100万円は投資しています。

もちろん元はしっかりと取りたいところです。私が心がけているのは、必ず何か1つ質問して帰ることです。

ジャック・ウェルチにコンサルティングをしていた人物に、ほかの出席者が「何を教えていたのか」と質問したのを聞いたことがあります。彼の答えは「エゴの抑え方だ」というものでした。これは経営も突き詰めれば最後は人間力になるという意味だと解釈しましたが、このやりとりを見て、質問こそ最高の学びの機会だと再認識しました。

第一人者に質問するには、それなりの準備が必要です。やるべきことを何もやってない人が中身の薄い質問をすると、一刀両断にされます。第一人者と向かい合って気後れしないようにするには、普段から自分にできることをやり尽くしておくことも必要です。そうした意識を持てることも、第一人者のセミナーの効果の1つだと思います。

----------

阪部哲也●KANAEアソシエイツ代表取締役
1973年、奈良県生まれ。同志社大学法学部卒後、旧富士銀行、不動産会社、リクルートエージェントなどを経て、エグゼクティブサーチファームであるKANAEアソシエイツ設立。「日本ヘッドハンター大賞」金融サービス部門で最優秀賞受賞(2011年)。

----------

(村上敬=構成 佐粧俊之=撮影 )