台湾1100kmマラソンで日本人優勝

ざっくり言うと

  • 「第1回台湾国際ウルトラマラソン」で、日本人アスリートの井上真悟選手が優勝
  • 総距離は約1100キロメートルで、世界から61人がエントリー
  • 井上選手は109時間25分21秒のタイムで優勝した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング