『HK変態仮面』の初日舞台挨拶に登壇した鈴木亮平と清水富美加

写真拡大

あんど慶周の人気コミック「究極!!変態仮面」の映画化作品『HK 変態仮面』の初日舞台が、4月13日に新宿バルト9で開催。鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、福田雄一監督、あんど慶周が登壇した。舞台挨拶後、全員でパンティおひねりを観客席に撒き、会場は大いに沸いた。

【写真を見る】 姫野愛子役の清水富美加は真紅のミニワンピースと生足で登壇

原作者のあんどは「まさかまさかの奇跡の実写化。自分が一番びっくりしてる」と大喜び。変態仮面こと色丞狂介(しきじょうきょうすけ)役の鈴木亮平は「全てはあんどさんが生み出したキャラクターをいかに実現できるかということでした」と語ると、あんども「最初は心配したよ」と言いながら「体は漫画から飛び出したような感じだった」と絶賛した。

メガホンをとったのは、『コドモ警察』(公開中)の福田雄一監督だ。満員御礼の会場を見て「今までで一番嬉しいかもしれない。本当に埋まってる。ドッキリじゃないかと」と、大興奮。福田監督は「鈴木亮平くん、パーフェクトボディ」と称えると、鈴木は10kg増量して鍛え上げた肉体改造の苦労を激白。「いつも鶏肉を食べてました。1年で400羽くらい。でも、鶏がダメになり、撮影が終わってからは1回も食べてない。飲み友達も減っていき、残ったのは、小栗旬と勝地涼くらい」。

清水は、そんな鈴木の肉体について「申し訳ないんですがこっちがエクスタシーな感じで。いつフォーと言っても大丈夫な感じでした」と、天然コメントをすると、ムロが「そんなこと言って大丈夫?」と突っ込む。また、ニセ変態仮面役の安田顕は、劇中のちくびをブルブルさせる仕草について「ちくびが取れそうなくらい痛かった。何回もやって、だんだん赤くなってきて。女性の気持ちがわかりました」と告白すると、福田監督は「やってって頼んでなかったのに」と苦笑い。

その後、あんどから鈴木に、彼の似顔絵が送られ、福田監督からも、鈴木の体を3Dスキャンしたフィギュアがプレゼントされ、鈴木は大喜び。また、キャストとスタッフが会場に出向き、パンティのおひねりを配って、大盛況のまま、幕を閉じた。

ドMの刑事と、ドSのSMの女王様の間に生まれた狂介は、高校で拳法部に所属するが、普段はめっぽう喧嘩に弱い。ところが女性用のパンティを被ると、変態パワーを発揮し、変態仮面となって悪者を退治していく。台湾での舞台挨拶でも、しっかりとした手応えを感じた鈴木は「世界に向けて、これがクールジャパンだ!」と、頼もしく宣言した。【取材・文/山崎伸子】