力道山を刺した暴力団幹部が死亡

ざっくり言うと

  • 力道山をナイフで刺した指定暴力団住吉会系の村田勝志幹部が死亡していた
  • 病死とみられ、糖尿病を患っていたという
  • 力道山は昭和38年、村田氏と口論になり腹を刺された際の傷が遠因で死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング