新セレクトショップ「バードハウス」 南青山裏通りに出店 ターゲットはクリエイター

写真拡大

 日本で活躍するクリエイターに豊かで充実したワーク&ライフスタイルを提案するセレクトショップ「BIRDHOUSE(バードハウス)」が、4月13日に南青山5丁目の裏通りに初出店する。仕事場や居住空間を楽しさで満たすことを目指す「ポップアップデパートメントストア」として展開。オープンに先駆けて、ファッションをはじめアートやインテリアなどアイデアのインスピレーション源になる幅広いアイテムを集めた店内を公開した。

南青山裏通りに新セレクトショップの画像を拡大

 ブランドビジネスを主体とする2012年設立の企業カム・オフ・ウェルが手がける「BIRDHOUSE」は、近年注目の「Nomadism(ノマディズム)」に対する社会実験を店舗で試みるというコンセプトのもと立ち上げられた。スタッフ自身もクリエイターというセレクトショップで、スタッフと客が双方で想像力や知性、ユーモアを刺激する空間を演出する。

 ヨーロッパのクリエイターのアトリエをイメージしたという「BIRDHOUSE」は 「アンダーカバー青山店」の上階に位置し、店舗面積は約130平方メートル。商品は「ライフスタイル」「ファッション」「ガーデン」と大きく3つのカテゴリーで構成し、デザイナー尾崎雄飛のメンズブランド「SUN/kakke(サンカッケイ)」や森下公則による「08sircus(サーカス)」、2011年にデビューした「N_DRESS(エヌドレス)」などクリーンでシンプル、上質を軸とするメンズ・ウィメンズブランドを展開する。ショップと同名のオリジナルブランド「BIRDHOUSE」もオープンに合わせて販売を開始し、2013年春夏コレクションは約80型を制作。世界中からセレクトしたという全取り扱いアイテムは約800点で、インテリア雑貨やモバイルツール、ステーショナリー、カトラリー、食品など様々な商品を揃える。

 「BIRDHOUSE」について、カム・オフ・ウェルのディレクター兼キュレーター川崎勝元氏は「旅が好きで、特にヨーロッパの文化に刺激を受けてきた。デザイナーからフォトグラファー、エディター、スタイリスト、建築家まで日本人の100人に1人はクリエイターと言われている。クリエイター達にとって生活や仕事に対する自己実現のヒントになるようなショップにしていきたい」と話し、「働き方の新しいカタチ」を裏テーマに、ある一定の期間ごとに商品を入れ替える動的な店舗として運営していくという。また今後は、「旅をテーマにした空間づくり」という異なる店舗の出店が計画されている。

■BIRDHOUSE
 住所:東京都港区南青山5-3-22 Blue Cinq Point A-3 2F
 TEL:03-6450-5075
 http://ilove-birdhouse.com/