ホンダ、新開発エンジン搭載の「CBR400R」「CB400F」「400X」を発表

写真拡大

本田技研工業は12日、新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒400ccエンジンを搭載したスポーツモデル「CBR400R」「CB400F」「400X」の発売を発表した。発売日は、CBR400Rが4月23日、CB400Fは5月23日、400Xは6月7日。

今回発表された3車種は、新開発のエンジンとフレームを共用しており、開発には市街地走行からツーリングまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさを追求するとともに、最新のデザイントレンドを採用したとのこと。エンジンは、低・中回転域から高回転に至るまで、スムーズで扱いやすい出力特性とすることで、軽快かつスポーティーな走りに対応。低フリクション技術や燃焼効率も追求され、39.7km/L(60km/h定地走行テスト値)という燃費性能を実現している。

車体には、しなやかで剛性に優れた新設計のダイヤモンドフレームを採用。マスの集中化を図るとともに、高い路面追従性を発揮する前・後サスペンションなどの採用で、スポーティーな走りを楽めるという。また3車種ともに、急制動時のタイヤのロックを回避するABSをタイプ設定している。

CBR400Rは、空力特性に優れたフルカウルを装備し、シャープなデザインのデュアルヘッドライトを採用。ライディングポジションは幅広いユーザーを想定し、ツーリングからスポーティーな走行までをカバーできるハンドル位置を設定。カラーリングは、「ロスホワイト」「グラファイトブラック」「ヴィクトリーレッド」の3色を設定。価格は、ブラックとレッドが66万9,900円、ホワイトが70万1,000円。ABSタイプのブラックとレッドは71万9,250円、ホワイトが75万750円。

CB400Fは、日常で利便性が高く取り回しやすいネイキッドモデル。V字型デザインのヘッドライトと、ヘッドライトと一体感を持たせたタンクシュラウドを採用し、新しいネイキッドモデルのデザインとしている。カラーリングは「グラファイトブラック」と「パールサンビームホワイト」の2色を設定し、価格は2色ともに64万8,900円、ABSタイプは69万8,250円。

400Xは、ダイナミックなスタイリングを採用したクロスオーバーコンセプトモデル。航続距離を伸ばす17L燃料タンクを装備したほか、専用のダブルシートや走行風を軽減するウインドスクリーンを採用し、機能性とデザインを両立。ライディングポジションは、長距離ツーリングに適したアップライトなポジションとなっている。カラーリングは「パールサンビームホワイト」「マットガンパウダーブラックメタリック」「キャンディープロミネンスレッド」の3色を設定し、価格は3色ともに67万9,350円、ABSタイプは72万8,700円。