毎朝5分のトレーニングが有効! 美人英語講師が教える英会話強化術

写真拡大

TOEICの勉強をしている人も多いと思いますが、読み・書き・リスニングを強化できても、会話力まではなかなか身につかないもの。どのような学習法が英会話力の向上につながるのか、元国際線のキャビンアテンダントで、国際的なマナーなどとともに英語を教えるオフィス・グレース代表の荒井弥栄さんに、英会話上達法を教えていただきました。

――英語特有の発音がうまくできません。例えば「R」の巻き舌を意識すると、舌をかんでしまいそうになります。

荒井さん「日本の英語教育では、『R』を発音するときは巻き舌にするように教えていますが、実はこれは正しくありません。これでは次の音を発するまでに時間がかかってしまうので、単語をきれいに発音できません。実際には舌先をあげるだけでOKなのです。

また、『L』の発音について、舌を上あごにつけるように教わったことがあると思いますが、前歯の裏に舌をつけるだけでかまいません。上あごにまで舌をつける方法は、逆に『やりすぎ』になってしまい、ネイティブの方には『汚い』発音に聞こえてしまうことが多いです。

『F』や『V』にも同様のことがいえます。わざわざ唇をかまなくても、タッチする程度を変えるだけでOK。きれいな発音を身につけたいなら、口の動きも意識したほうがいいですね」

――正しい口の動きを身につけるのはどうすればいいでしょうか?

荒井さん「日本人でもネイティブ同様に発音できる方はいらっしゃいますが、それを判断するのは難しいこと。アメリカ人など(発音のくせの少ない)、ネイティブスピーカーに教わるのが確実でしょう。

その際、必ず講師の口の動きをチェックしてください。そして、講師の言ったことをすぐに反復すること。これを10回繰り返すことで、口の動きを身につけることができます。目から入ったものは人間は無意識にまねしようとします。講師の口元を見ながらの反復は、口の動きをまねしようと脳に伝達されるので、非常に有効です」

――正しい口の動かし方を短期間で習得する方法はありませんか?

荒井さん「朝起きて日本語を発する前に、英文を5分間音読しましょう。日本語と英語では、口の動かし方が異なります。正しい口の動きが身についていない場合、日本語を話した後では『英語口』がなかなか習得できないのです。そのため、早朝のほうが効果的に習得することができます」

――どのような文章を音読すればいいのでしょうか?

荒井さん「とにかく音読する習慣をつけることが大切なので、『I've been there.』などの簡単な英文でもかまいません。さらに効率よく学習するなら、文法の基礎となる文章や実践的なフレーズを音読するといいですね。音読することで口の動きを学びながら文法も覚えることができるので、学習期間の短縮にもつながります」

――英会話を習いたいと思っていても、通学する時間がとれないことも多いと思います。そのような場合でもレッスンを受けることはできますか?

荒井さん「最近では、インターネットを活用した英会話スクールも増えていますね。24時間利用できるものもあるので、そういったものを上手に活用するのはいいと思います。

ただし、講師は必ずネイティブスピーカーであることが条件。最近ではアジア圏の方たちが講師を務める安価なレッスンもありますが、クセが強いのでアメリカなどでは通用しません。ビジネスで英語を使うために学ぶ方は、とくに注意していただきたいポイントです」

――ほかにも、英語を話す上で、注意したいポイントがあれば教えてください。

荒井さん「英語になれてきて、話すスピードを速くしようとするがために何を言っているのかわからない人によくお会いします。少し英語ができてきて、ネイティブの方に近づきたい、上手に思われたいという人に多く見られる傾向です。