ランジェリーブランド「ラヴィジュール」が好調 新コレクション販売開始

写真拡大

 ランジェリーブランド「Ravijour(ラヴィジュール)」が好調だ。2004年に「EGOIST(エゴイスト)」から派生して誕生した同ブランドは、ブラセットやルームウェアを主力に20代女性を中心として支持を広げているという。近年はカタログやリアル店舗に加えて、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が手がけたオンラインストアで新規顧客の取り込みを強化してビジュアル重視のEC展開に注力。カタログアプリも好評のオンラインストアでは、「Vivid」をテーマにした2013年夏コレクションの販売がスタートしている。

ランジェリー「ラヴィジュール」好調の画像を拡大

 「Ravijour」は、「より魅力的、魅惑的に・・・」をテーマにブラセットやルームウェア以外にボディケアシリーズからストッキング、ヌ−ブラジャパンと協業してデザインしたヌーブラまで幅広いアイテムを年4回にわたり発表している。昨年7月には沢尻エリカが出演する映画「ヘルタースケルター」に衣装を提供して原宿にポップアップショップをオープンした他、Vol.26のカタログでは蜷川実花撮り下ろしにより主人公リリコが表紙やグラビアページに登場。今年3月には、9周年を記念して渋谷のライヴ&サウンド・スペース「SOUND MUSEUM VISION(サウンド ミュージアム ビジョン)」でアニバーサリーパーティーを開催した。

 「チームラボ」によるブランドのクリエイティブな世界観をイメージしたというオンラインストアには、エリーローズやLiv(リブ)、宮城舞、吉田夏海、小泉梓といったファッション誌で活躍する多数の人気女性モデルが登場。2013年夏コレクションはパッドが取り外し可能な新型のモールドカップタイプをはじめ、ヴィヴィッドなフラワープリントや二色染めで仕上げたカラーレースのブラセットなど、ネオンカラーを中心とするコレクションを展開。オンラインストアに続いて、4月12日からは全国の直営店でも販売を開始した。「Ravijour」の担当者は、2014年のブランド創立10周年に向けて「来年の企画施策を社をあげて検討中」と話している。

■Ravijour
 http://www.ravijour.com