「Xperia Tablet Z」(ホワイト)

写真拡大

ソニーは2013年4月13日、約10.1インチの液晶を備えたアンドロイドタブレット「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデル(SGP312JP)を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は6万円前後とみられる。

フロント・リア両面に「カメラ」

シーン・使い方・持ち方を問わず使える「オムニバランス(全方位型)デザイン」を採用した。防水・防塵性能を持つ。

約10.1インチの液晶は、高輝度・高精細な映像表現を実現する「Reality Display(リアリティー・ディスプレー)」を採用し、解像度は1920×1200ドット(WUXGA)とした。コンテンツの解像度に応じて自動で最適な効果をかける「モバイルブラビアエンジン2」などを備える。

独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせることで、高音質再生が楽しめる「ClearAudio+モード」を搭載した。フロント・リア両面には、裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用したカメラがあり、それぞれ有効約220万画素、有効約810万画素を誇る。また、NFC(近距離無線通信)にも対応している。

カラーは、ブラックとホワイトの2種類。サイズは約高さ172×幅266×厚さ6.9〜7.2ミリで、重量は約495グラム。