映画前売券で“盛りそば”割引、「大勝軒」のドキュメンタリー。

写真拡大

6月8日より劇場公開される映画「ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜」の前売鑑賞券が4月13日より発売されるが、「東池袋大勝軒本店」の地元でもあるシネマサンシャイン池袋では、「盛りそば」の割引特典付き鑑賞券の発売が決定した。

この鑑賞券は、つけ麺の元祖とされ、山岸一雄が考案した「盛りそば」を、通常の700円よりも200円安い特別価格500円で食べられるもので、映画前売券とのセットで1,500円とお得になっている。対象の店舗は東池袋大勝軒本店、南池袋大勝軒の2店のみで、有効期間は4月13日から8月31日まで。

今回の鑑賞券について、「東池袋大勝軒本店」二代目店主・飯野敏彦氏は「今回、『ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜』の公開が決まったときいて、何かお手伝いができたらと思いました。それにはやはり山岸マスターが考案し、大勢の大勝軒ファンを生み出した“盛りそば”しかありません!“盛りそば”が少しでも足がかりとなり、映画を通じて、山岸マスターのお客様への感謝の心、心の温かさ、そしてラーメンという食べ物の魅力と素晴らしさがより多くの人へ伝わることを願ってやみません」とコメントを寄せている。

本作はフジテレビの「ザ・ノンフィクション」で過去3回(2002年、2005年、2011年)シリーズ放送され大きな反響を呼び、国際テレビ賞(※US INTERNATIONAL FILM & VIDEO FESTIVAL にて、Silver Screen Award受賞)にも輝いたドキュメンタリーに、さらなる撮影を加え映画化した作品。

店を訪れるすべての人に「何かを与える」山岸氏は、一体どのような人物なのか。常連客、店員など数々の証言から彼の生き様を浮き彫りにするほか、山岸氏自身、決して語ろうとしない「大勝軒」の奥の一室に隠された真実から、彼の「大勝軒という生き方」の源流に迫っていく。

映画「ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜」は6月8日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国順次ロードショー。