VICTORIA'S SECRETのファッションショーでのミランダ・カー (c) Hollywood News

写真拡大

モデルのミランダ・カーが、人気下着ブランドVICTORIA’S SECRET[ヴィクトリアズ・シークレット]の専属モデルをやめるのは、時間に縛られてしまうためだという。

ミランダは先日、約6年間務めた同ブランドの専属モデル「エンジェルス」の契約を更新しないことになったと伝えられた。原因はミランダの評判が厳しかったことや売上に大きく貢献していなかったことなどが挙げられていたが、原因はほかにあるようである。

関係者は「ニューヨーク・ポスト」紙に、「問題なのは時間に縛られてしまうことです。VICTORIA’S SECRETはエンジェルスに1年間で3か月は同ブランドに尽くすことを求めています」「しかし、ミランダはビッグなスターになり、最近カンタス航空と契約し、ケイト・モスの代わりにスペインのファッションラインMangoの広告塔にもなりました」と語った。

さらに「彼女はVICTORIA’S SECRETが大好きですが、エンジェルスとして彼らが彼女に求めている時間は彼女にとって難しくなったのです。これはジゼル・ブンチェンやハイディ・クルムにも起きたことです。彼らの仕事は大きくなり、ほかの仕事が増えて、エンジェルスとしてフルタイムで活躍するのが不可能になったのですよ」と話している。ミランダは同ブランドの専属モデルではなくなるが、たびたび今後も同ブランドのカタログやファッションショーに登場するという。

ミランダは人気があるあまり、ほかの仕事が増えて同ブランドのためだけに活動していくことができなくなったようである。専属モデル卒業は先輩モデルであるジゼルやハイディのように今後さらに成功していくために通る道なのだろう。【馬場 かんな】