山梨県・山中湖の水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」に新型車両登場

写真拡大

富士急グループの富士急山梨バスは、ストーリー仕立てのツアーを行っている水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」に、2両目となる新型車両を導入し、4月26日から運行する。

「YAMANAKAKO NO KABA2」は、全ての製造工程を日本国内で行っている純国産の車両。

1号車より丸みを帯びたフォルムになっており、湖上での安定した航行を行うという。

屋根と客席の窓は透明なビニール製で、開け放つことが可能。

客席数も6席増えて40席となり、団体客でも利用しやすくしている。

また、アテンダントとナビゲーターの「KABA」が繰り広げる”ミステリーツアー”にも、富士山と山中湖のさらなる謎に迫る新しいストーリーを追加。

陸上走行からそのまま山中湖にダイビングする同車両の運行と合わせて、楽しむことができるとのこと。

乗車時間は約30分(陸上走行約10分、湖上走行20分)。

料金は、大人2,000円、小人1,000円、幼児300円、1日6便(夏季・予約状況により増便)を毎日運行する。