ロンドンで面会を果たした二人Photo by Oli Scarff/Getty Images、写真:FameFlynet/アフロ

写真拡大

社会派として知られるオリバー・ストーン監督が、ウィキリークスの創設者のジュリアン・アサンジ氏と面会したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

ストーン監督がTwitterで明かしたもので、4月4日にロンドンのエクアドル大使館に潜伏中のアサンジ氏を訪問し、「希望に満ちた会話」をしたという。ウィキリークスの熱烈な支持者であるストーン監督は、アサンジ氏の窮状を嘆くとともに、ウィキリークスを否定的に描く複数の映画化企画を批判。「ウィキリークスがどれほど重要か、ジュリアンがどうして助けを必要としているか、大半のアメリカ人は理解していない」とコメントしている。

なお、現在、ドリームワークスはウィキリークスを題材にした映画「The Fifth Estate」を製作中だ。ノンフィクション本「WikiLeaks: Inside Julian Assange’s War On Secrecy」(邦題「ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争」デビッド・リー、ルーク・ハーディング著)と「Inside WikiLeaks: My Time With Julian Assange At The World’s Most Dangerous Website」(邦題「ウィキリークスの内幕」ダニエル・ドムシャイト・ベルグ著)を下敷きに、「FRINGE」や「ザ・ホワイトハウス」などテレビドラマを手がけた脚本家ジョシュ・シンガーが脚色。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のベネディクト・カンバーバッチがアサンジ役を演じる。

■関連記事
潜伏中のジュリアン・アサンジ、ウィキリークス映画の脚本を入手
ジェームズ・マカボイがウィキリークス映画を辞退 代役にダニエル・ブリュール
ローラ・リニー、ウィキリークス映画に出演?
「プラトーン」ウィレム・デフォー&トム・ベレンジャー、23年ぶり共演
ドン・ウィンズロウの大作「犬の力」が映画化