福井県は体力、学力、幸せNO.1! その秘密は給食にあり!?

写真拡大

「小中学生体力テスト全国1位」「中学校学力テスト全国1位」「幸福度ランキング全国1位」(※)、これらのすばらしいデータは全て福井県のもの。

この豊かな県民性の秘密は「食」、特に「給食」にあるらしい。

そんな福井県の給食に注目したレシピ本『福井県のおいしい給食レシピ』(辰巳出版)が、今注目を集めている。

福井県と言えば、「東尋坊(とうじんぼう)」「若狭湾」「越前ガニ」「羽二重餅(はぶたえもち/蒸した餅粉に砂糖、水あめを加えて練った和菓子)」「眼鏡産業」などで知られているが、決して目立つ県ではない。

しかし、冒頭で紹介したように、体力、学力の高さ、生活の豊かさでは全国トップレベルの高さを誇っている。

その理由を探っていくと、たどりつくのが「給食」だ。

豊かな自然に囲まれた福井県の家庭では、古くから地元の食材をふんだんに取り入れた身体にやさしい食事が作られてきた。

また、寺院が多く、野菜や豆類を使った精進料理も根づいている。

そんな食文化を反映し、また、県が食育に力を入れていることもあり、給食では子供たちの健康と成長を考えたメニューが提供されている。

『福井県のおいしい給食レシピ』には、独自の食育法を持つ県内2つの保育園の給食メニューをベースに、身近な食材で誰でも作りやすいようにアレンジされたレシピが満載。

福井県の給食の特徴を「野菜が多く、乳製品、塩分、化学調味料の使用が少ないこと」とし、全部で62のメニューを紹介している。

気になるメニューを紹介していこう。

まず、子供たちが大好きなグラタンは、お魚をメインに「白身魚のグラタン」としてアレンジ。

ジャガイモ、タマネギ、ほうれん草など野菜たっぷり、牛乳とバターは控えめにして、具だくさんでヘルシーな一皿に仕上げる。

シチューにおいては、牛乳やコンソメの代わりに豆乳とだし汁を使用。

保育園児の段階では、それほど多くの乳製品を必要としないため、このように豆乳やだし汁を使うなどして、良質な栄養分を効率的に摂(と)れるよう工夫されている。

味付けがほぼ決まっているような定番メニューに対して、新しい味つけや作り方を提案しているのも、このレシピ本のうれしいところ。

例えば「さわらのしそ香焼き」は、しょう油と酒、ごま油で下味をつけて、大葉と白いりごまをちらした一品。

いつもの焼き魚も調味料を少し変えるだけで、新しい味が楽しめる。

また、おなじみのハンバーグは、粗みじんのキャベツを加えた「キャベツ入りハンバーグ」としてアレンジ。

調味料が控えめな分、シャキシャキのキャベツとあめ色に炒(いた)めたタマネギの甘みが際立つ。

このように野菜を増やすと咀嚼(そしゃく)回数も増えるので、消化吸収やあごの発達など食育面でのメリットが大きいそうだ。

『福井県のおいしい給食レシピ』を見ていくうちに、福井の給食で特徴的な食材が浮かび上がってきた。

それは「厚揚げ」と「里いも」だ。

福井で油揚げと言えば「厚揚げ」を指す。

福井の厚揚げは厚さ3〜4センチあり、外はカリカリ、中はフワフワで食べごたえ満点。

古くは精進料理の貴重なタンパク源、お正月や結婚式などのごちそうとして食べられていたが、今では一般家庭の食卓に登場する定番食材となっている。

レシピ本では「厚揚げのみそ炒め」「厚揚げの南蛮漬け」などが紹介されている。

通常、肉や魚を使うところに、その代わりとして厚揚げを使うことで、よりヘルシーで栄養バランスの取れたメニューが楽しめる。

また、福井県は里いもの産地でもある。

中でも、煮崩れせずモチモチした食感の大野市上庄(かみしょう)地区の里いもは、「上庄里芋」としてブランド化されている。