デヴィッド・ボレアナズ

写真拡大

『BONES』シーズン8終盤のエピソードで、ブース(デヴィッド・ボレアナズ)が長年音信不通だった母親と再会することが明らかになった。

(以下、ストーリーのネタばれが含まれますので、ご注意を!)

ブースの母親を演じるのは、『シックス・フィート・アンダー』(マーガレット・チェノウィス役)や『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』(ジョーン・ハント役)など、数々のTVドラマに出演しているジョアンナ・キャシディ。米TV Lineによると、ブースの母は完全に意表を突く形で息子のオフィスに姿を現すという。20年以上の時を経て再会した親子は、初めはギクシャクしているものの、徐々にお互いになじんでいくらしい。

とはいえ、母と息子の間には依然わだかまりが残る模様。製作総指揮を務めるスティーヴン・ネイサンは「過去にさまざまないきさつがあり、作中で描かれていないこともたくさんあります。二人は多くのことを抑え込み、目をそむけようとしますが、彼らはそうした事実を直視できないのです」と説明している。どうやらブースにとって、母親との再会は手放しで喜べるものではなさそうだ。

ブースが母親に対してのぞかせる新たな一面もさることながら、姑とブレナン(エミリー・デシャネル)がどんな対面を果たすのかも気になるところだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ファンに朗報!『BONES』シーズン9更新が決定
『BONES』に『アメリカン・ダンスアイドル』の面々が登場
【ネタばれ】『BONES』のエミリー・デシャネル、子育てを満喫中!