梅宮辰夫と松方弘樹が吹き替えで熱きバトル!

写真拡大

俳優の梅宮辰夫と松方弘樹が、米映画「L.A. ギャング ストーリー」ウェブ限定映像で吹き替えを務めていることがわかった。ふたりは、本編に登場する実在した伝説のギャング王ミッキー・コーエンと、ギャング王に戦争を仕掛けた警察最強部隊のリーダー、ジョン・オマラを交互に演じ分けた。

「仁義なき戦い」シリーズをはじめ数々の仁侠映画で“極道”を演じ、テレビドラマなどでさまざまなキャラクターの警察官に扮してきた梅宮と松方が、米映画の吹き替えで再び顔を合わせることになった。ウェブ限定映像は2パターン用意され、それぞれがコーエンとオマラに息吹を与えた。

梅宮と松方は、都内で行われた収録を熱気ムンムンの状態で迎えた。梅宮がギャング顔負けの存在感で手をふりかざして声を荒げれば、松方も“ドス”の効いた声で応戦し「デ・ニーロのようになっちゃったよ」と負けていない。

収録を終えても興奮冷めやらぬ様子で、「吹き替えは初めてですし、声優ではないので声だけで感情を表現するのは難しい。カメラの前とマイクの前じゃまったく違う。やっぱり声優さんはすごい」(梅宮)、「新しいことは楽しい。こういうチャンスがあったら、あるのかわからないけど(笑)、またやりたい。でも声優と俳優はまったく別ものですね」(松方)と振り返った。

「L.A. ギャング ストーリー」は、5月3日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「L.A. ギャング ストーリー」梅宮辰夫のギャング役編
【動画】「L.A. ギャング ストーリー」松方弘樹のギャング役編
「L.A. ギャング ストーリー」ショーン・ペン演じるギャングのホンモノ映像公開
「L.A. ギャング ストーリー」日本版予告公開 監督&ブローリンのコメント到着
ギャングと警察の実在した抗争を描く「L.A.ギャング ストーリー」ポスター公開