「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」の一場面Copyright (C) 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ニューヨークの現代アートコレクター夫妻を追ったドキュメンタリーの第2弾で、現在公開中の「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」のDVDが劇場鑑賞者限定で、劇場窓口で販売されている。公開中の作品をソフト化して販売するという異例の試みだ。

今作はインターネット上で製作費を集めるクラウドファンディングを利用し、915人から日本最高金額となる1460万円の支援を受けた。今回のDVD販売の経緯について佐々木芽生監督は「DVDの発売は、通常映画が公開されてから半年後。それでは、好きな映画を見た後に、DVDを買って手元に置いておきたいと思っても忘れてしまう。コアな映画ファンのために、劇場公開と同時にDVD発売をしたい、というのは前作からの願いだった。1人でも多くの人に映画を見てもらうために、これからも映画公開の慣習にとらわれずに、新しいアプローチを試みて行きたい」と語る。

「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」DVDは本編87分、特典映像として日本版予告と本編に入らなかったアウトテイク集(26分)を収録。3885円。鑑賞券半券または前売り券を持っている人のみ、公開中の劇場窓口で購入可能。

■関連記事
【予告編】「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
「ハーブ&ドロシー」ドロシーさんが日本滞在で訪れたかった場所は?
「ハーブ&ドロシー」続編の佐々木芽生監督 夫妻との出会いは「人生を180度変えてしまった」
「ハーブ&ドロシー」世界中から寄付を募って製作されたアートドキュメンタリー続編が公開!
美術コレクターの夫婦愛にLiLiCoも涙 「ハーブ&ドロシー」続編プレミアにドロシーさん来日