『カノジョは嘘を愛しすぎてる』に出演する谷村美月、反町隆史、相武紗季

写真拡大

青木琴美の同名漫画を、佐藤健主演で実写映画化する『カノジョは嘘を愛しすぎてる』に反町隆史、相武紗季、谷村美月が出演することがわかった。3人は、音楽業界の影の部分を知り尽くした役どころをそれぞれ演じる。

【写真を見る】主人公・小笠原秋を演じる佐藤健、ヒロイン・小枝理子を演じる大原櫻子

音楽業界を舞台に、23歳の天才作曲家・小笠原秋(佐藤)と、天性の歌声を持ち、普通の女子高生から突如スターへの階段を駆け上がる16歳のヒロイン・小枝理子(大原櫻子)の年の差恋を描く本作。人気バンドのCRUDE PLAYのメンバーを三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大が演じる。

反町が演じるのは音楽をビジネスと割り切り、ヒット曲を生み出すためなら手段を選ばない敏腕音楽プロデューサー・高樹総一郎。アーティストとして輝かしい経歴を持つ高樹は、原作では音楽に純粋な想いを傾ける主人公たちを相手に「売れなきゃ意味がない」と断言し、様々な手を使ってヒットを生み出し音楽業界に君臨する圧倒的な存在だ。高樹を演じることについて、反町は「高樹は、自分と同年代で、作品をひっかきまわす役でもあるということで、きっと楽しんで演じることができるだろうと思いました。厳しくも愛情を持って接するような人物になればと思います」と心境を明かし、初共演の佐藤の印象を「すごくさわやかで、秋という役のイメージに合っているなという印象でした」と語った。

相武はCRUDE PLAYと同じく、高樹にプロデュースされているカリスマ歌姫・茉莉を演じる。茉莉を演じるにあたり、実際に歌のレコーディングもあり、「緊張した」という相武。セクシーなカリスマ歌姫ということから、最初の撮影シーンは下着姿だったようで、「ハードルが高い!と思ったのですが、緊張もなく穏やかな気持ちで撮影ができました。漫画原作なので、イメージを壊さないように茉莉らしい要素を増やせるようにがんばっています」と意気込みを見せた。

谷村はレコード会社のスタッフで高樹の右腕となる長浜美和子を演じる。少女漫画原作の映画に初出演となる谷村は「少女漫画の世界観に入れる嬉しさと読者の方々のイメージにどこまで近づけるかという不安もありました。漫画をしっかりと読みこんで現場に入りましたが、生身の人間が漫画のキャラクターを演じることの難しさも感じながらお芝居をしています」と苦労をのぞかせた。

原作者・青木は今回のキャスティングに「オトナはいつだって、高い壁であって欲しい。秋や理子を蹴散らす圧倒的な存在であって欲しい」と期待を寄せている。撮影は5月中旬まで行われる予定、公開は12月を目指している。【Movie Walker】