武井壮vs.はるな愛の異色対決、「はるな“愛”アンマン」に変身。

写真拡大

タレントの武井壮(39歳)とはるな愛(40歳)が4月11日、都内で行われた映画「アイアンマン3」の公開記念イベントに出席。“超異色対決”を繰り広げた。

この日、“百獣の王を目指す男”こと武井は、タンクトップ姿で颯爽と登場。実は武井、昨年8月の「アベンジャーズ」公開時に、ウェブサイトの企画でvs.アイアンマンのシミュレーション対決を経験している。しかも、地球を滅亡の危機から救ったヒーローと互角の対決をしたことで、「アイアンマンと戦っても対策はバッチリだ」とばかりに、アイアンマンファンに向かってブーイング覚悟の猛アピールをした。

そこに「待った」をかけたのは、今作でメインのスーツとなるアイアンマンマーク42を着用したはるな。「今日だけは、はるな愛じゃなくて、はるな“愛”アンマンよ!」と武井に女子風口撃すると、シリーズのファンでもあるはるなは、アイアンマン=トニー・スタークの恋人役のペッパー・ポッツがアイアンマンスーツを着るらしいという情報を得て、アイアンマンに対抗しようとする武井の制圧に立ち上がった。

早くも臨戦態勢に入った2人に、対戦ルールが申し渡される。武井が2戦、はるな“愛”アンマンが2戦のシミュレーション対決を行い、どちらが強いか観客投票によって雌雄を決するというもの。

拍手と歓声、そして笑いに包まれた4番勝負は無事終了し、迎えた運命の判定は、アウェイにかかわらず武井が圧勝。「はるな愛とアイアンマンスーツの合体は、ある種人知を超えている」と武井が実力を褒め称えると、最後は2人揃って映画をアピール。一流のアスリートと一流のヒーローが固い絆で結ばれた瞬間だった。

そして本作について武井は「スーツを着たかったのに『アイ』が被っているだけで持っていかれた。このシリーズは全部見ている。今回は楽しみだけれど気になることもある。コピーに『さらばアイアンマン』となっていることだ。こんなに体を鍛え、リアル・アイアンマンとしてハリウッドから『アイアンマン4』のオファーを待っているのに、まさか、終わるのではないかと心配です。このシリーズはトニーの成長を描いているし、今回はさらに濃い人間ドラマが期待出来そう。予告で紹介されているアイアンマンがいっぱい出てくるシーンはどうなるのだろう。あんなに大勢登場すると、シミュレーション対決が大変だ!」とコメント。

また、はるな“愛”アンマンは「名前で着せてもらって、少年心がよみがえりました。20分くらい着るのにかかりますが、やせそうです。アイアンマンはいつも傷だらけになって帰ってくるところが、女子心をくすぐります。お茶漬けでも食べさせてあげて、私の胸で休んでもらいたいわ。このシリーズは初めての人も、シリーズのファンもどちらも楽しめます。早く『3』が見たいし、みんなで早く見に行こう」と語った。

映画「アイアンマン3」は4月26日(金)、2D/3D日本先行公開。