●はじめての手のひら

(画像:「RDG」公式Webサイトより)
© 2013 荻原規子・角川書店/「RDG」製作委員会

●キャスト
鈴原泉水子(すずはら いずみこ):早見沙織
姫神:田中理恵
相楽深行(さがら みゆき):内山昂輝
相楽雪政(さがら ゆきまさ):福山潤
鈴原紫子(すずはら ゆかりこ):朴璐美
鈴原大成(すずはら だいせい):井上和彦
野々村慎吾(ののむら しんご):乃村健次
鈴原竹臣(すずはら たけおみ):伊井篤史
末森佐和(すえもり さわ):津川祝子
渡辺あゆみ(わたなべ あゆみ):宮本佳那子
三田春菜(みた はるな):諏訪彩花
三崎洋平(みさき ようへい):河本啓佑
越川美沙(こしかわ みさ):壺岐紹未
和宮さとる(わみや さとる):釘宮理恵
宗田真響(そうだ まゆら):米澤円
宗田真夏(そうだ まなつ):石川界人
宗田真澄(そうだ ますみ):木村良平
高柳一条(たかやなぎ いちじょう):野島裕史
如月・ジーン・仄香(きさらぎ・ジーン・ほのか):ブリドカットセーラ恵美
村上穂高(むらかみ ほだか):石田彰

●ストーリー
世界遺産に認定された熊野古道、玉倉山にある玉倉神社。そこに住む泉水子は中学三年まで、ふもとの中学と家の往復だけの生活を送ってきた。しかし、高校進学は、幼なじみの深行とともに東京の鳳城学園へ入学するよう周囲に決められてしまう。互いに反発する二人だったが、修学旅行先の東京で恐ろしい事件が襲いかかる。泉水子が負う特殊な体質と一族の大きな秘密とは―。
●修学旅行
急遽、鈴原泉水子のいる中学考へ転校してきた相楽深行は学業優秀、スポーツ万能でイケメンなナイスガイ。もちろん学校ではモテモテですが…。彼と彼女が同棲?している事は周知の事実。

渡辺あゆみ「泉水子は修学旅行どうする?」

かなり楽しみであった修学旅行ですが、ここ数日の急激な状況の変遷で少々気が乗らない鈴原泉水子。
●携帯電話
自宅へ戻ると母・鈴原紫子から宅配便で携帯電話のプレゼントを受け取る鈴原泉水子。彼女は戸惑いながらも相楽深行に相談します。

鈴原泉水子「お母さんは修学旅行のときに東京に来たときに会おう、と手紙に書いているけど、あんな人が多い所無理!」

しかも、彼女は携帯電話を使う事が出来ないようです。

鈴原泉水子「私、携帯電話でメールを使えないの。パソコンや携帯電話を使うと壊れるし…。」

彼女は母に東京引越しの件で相談をしたいのですが、どうやら彼女自身が直接母と会うしかなさそうです。
●母に会う
いよいよ修学旅行当日。鈴原泉水子は飛行機に乗るも、霊的な何かを見てしまい体調が悪くなってしまいます。

また、人の波に対しても酔う彼女。とはいえ、何としても母に会わねばなりません。

目的地の東京都庁ですが、建物内に入っても迷う彼女。相楽深行はそんな彼女を連れて向かおうとするも、霊的な危険を案じた母からメールが!

鈴原紫子「わたしの家がわかるなら、家までいらっしゃい。ここなら結界がはってあるのでだれもが安全だからです。住所を一応記しておきます。」

※どうやら中野にあるようです。

しかも電車で移動しようとすると、自動改札機や電車が悉く停止してしまいます。

そこで彼女の手を引いて徒歩で向かう相楽深行ですが…。
●手を繋ぐ
とりあえず帽子を買い、彼女の三つ編を纏め、タクシーで向かうも場所を間違えられてしまいます。しかも、夕立!

やむなく神社で雨宿りをする2人。落雷に怯える彼女ですが、もう一つ怯えているのは霊的な何か。

鈴原泉水子「手、繋いで。怖くなくなるから。」

相楽深行は念仏を唱えるも…。

相楽雪政「深行、まだまだだな。」

相楽雪政が先回りしてやってくるも、残念ながら鈴原紫子には会えず。やむなく鈴原紫子の留守宅で休むことになりますが…。
●姫神
鈴原泉水子に憑依した「姫神」。姫神は鈴原泉水子を介して様々な事を伝えようとしているわけですが…。

憑依された事について彼女は知りません。そのため意識が戻った瞬間、それまでの記憶が宙に浮いてしまうわけで…。

「RDG レッドデータガール」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「RDG レッドデータガール」第1話「絶滅危惧少女」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「RDG レッドデータガール」TVアニメ公式Webサイト