クランストン(左)とミケルセン、何の動物キャラかはお楽しみPhoto by: Alberto E. Rodriguez/WireImagePhoto by Mark Davis/Getty Images

写真拡大

米俳優ブライアン・クランストン、デンマーク俳優マッツ・ミケルセンが、米ドリームワークス・アニメーションの新作「カンフー・パンダ3(原題)」に、声優として参加することが決定した。

食いしん坊で怠け者のパンダのポーが、伝説のカンフーマスター“龍の戦士”になり、仲間のマスター5とともに凶悪な敵に立ち向かう姿を描いた人気アニメシリーズ。第3弾のプロットやキャラクターの詳細については明かされていないが、スタジオは「選ばれし者ポーが、カンフーの技(と麺のすすり方)を極めるために旅を続けていく姿を描く」とコメントしている。

ポーの声を担当するジャック・ブラックほか、アンジェリーナ・ジョリー、セス・ローゲンらオリジナルキャストが続投。クランストンとミケルセンに加え、コメディ女優レベル・ウィルソン(「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」)の出演も発表された。ミケルセンが声優として出演するのは、今回が初めて。クランストンは「マダガスカル3」、ウィルソンは「アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険」に参加している。

ドリームワークス・アニメーションと中国のメディア企業3社の合弁会社、オリエンタル・ドリームワークスの長編アニメ第1作。ジェニファー・ユー・ネルソン監督を筆頭に、脚本家のジョナサン・エイベル&グレン・バーガー、プロデューサーのメリッサ・コブら「カンフー・パンダ2」のスタッフが再結集する。製作総指揮は、ギレルモ・デル・トロ。15年12月23日全米で公開予定。

■関連記事
ドリームワークス・アニメーション、一挙に12作品のラインナップ発表
ハリウッド版「ゴジラ」にエリザベス・オルセン、ブライアン・クランストン
カンヌ主演男優賞受賞のマッツ・ミケルセンが語る「偽りなき者」
ジョン・ル・カレ最新作をE・マクレガー×R・ファインズ×M・ミケルセンで映画化
「カンフー・パンダ3」は中国との共同製作