ガンダムフロント1周年でシャア×ララァのトークショー、限定アッガイ販売!

写真拡大

東京・台場のダイバーシティ東京プラザにオープンした「ガンダムフロント東京」が4月19日で1周年を迎えることを記念して、実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」壁面映像の演出「WALL-G」がリニューアルされることが決定した。

これまでは宇宙を舞台にした映像だった「WALL-G」だが、4月26日より「GUNDAM STAND at Jaburo(仮)」というタイトルの映像にリニューアル。

地球連邦軍の南米軍事拠点「ジャブロー」の地下基地を舞台に、ガンダムはもちろん、ジオン公国軍水陸両用モビルスーツ、アッガイやシャア専用ズゴック、さらには本編キャラクターの子供たち、カツ、レツ、キッカも登場し、アムロを巻き込んだ騒動が勃発、モビルスーツと子供たちが大騒動を巻き起こす新たなストーリーが描かれるという。

そして、季節ごとに内容が変わるショートバージョン「GUNDAM chime」は、昨年のクリスマス期間限定演出で好評だった、コミカルでデフォルメされた小さなモビルスーツたちが新たな姿で登場し、ドタバタ劇を展開。

季節ごとのテーマに沿った演出が展開される。

各演出、映像の展開、タイムスケジュールは以下のとおり。

昼:頭部稼動、ミスト噴射など(壁面映像なし)12:00、15:00、17:00夜:『GUNDAM STAND at Jaburo(仮)』(約11分、壁面映像あり)19:00〜22:00までの毎時30分/19:30、20:30、21:30夜:『GUNDAM chime』(約80秒、壁面映像あり)20:00〜22:00までの毎時00分20:00、21:00※18:00〜22:00までは立像がライトアップさらに、これに合わせて「WALL-G」の新作映像に登場する「HGUC アッガイ Ver.GFT トリコロールペイント」が、新たな「ガンダムフロント東京」の限定ガンプラとして発売される。

こちらは、7階「ガンダムフロント東京」または、ガンダム立像横のオフィシャルショップで購入可能。

開業1周年を迎える「ガンダムフロント東京」では、今後もさまざまな企画を展開。

「企画展リレー」と題して、4月19日〜6月5日には言わずと知れた大人気キャラクター、シャア・アズナブルにスポットをあてた「機動戦士ガンダムの誕生とシャア・アズナブル展」、7月20日〜9月上旬(予定)には機動戦士ガンダム』放映当時より、キャラクターデザインおよび作画ディレクターを務めている、安彦良和氏をフォーカスした「機動戦士ガンダムの誕生とアニメーター 安彦良和展」(仮)、その後も「ガンダムサイエンス展」などが控えている。

5月10日には「ガンダムフロント東京スペシャルナイト第1弾」として、シャア役の池田秀一とララァ・スン役の潘恵子を迎えたスペシャルトークショーも予定されており、こちらは専用チケットを発売して完全予約定員制のイベントとなる。

(C)創通・サンライズ