ビームスが台湾進出 1号店はコンセプトショップ

写真拡大

 ビームスが、台湾に初出店する。6月中旬に開く1号店はコンセプトショップで、各レーベルのアイテムを販売。オープンに先駆けて、4月10日から28日までの期間には「TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)」と「BEAMS T(ビームスT)」によるエキシビション「Zine & Collection」を開催している。

ビームスが台湾に初出店の画像を拡大

 ビームスの海外出店は、香港と北京、上海に続く4都市目。台湾初のショップ「ビームス 台北」は松山空港の南側に広がるFujin Street(富錦街)の西端にオープンし、オリジナルアイテムを中心に、メンズ・ウィメンズのカジュアルウェアや子供服、そして雑貨をセレクトしてビームスの世界観を表現する。取り扱いレーベルは主力の「BEAMS(ビームス)」から「Ray BEAMS(レイ ビームス)」、雑貨の「bpr BEAMS(bprビームス)」などが予定されている。

 オープンに先駆けてスタートした「Zine & Collection」は、Facebookのみで告知をしていたが地元のクリエイターをはじめとする多数の客が来店。現地では「日本で買いそびれたTシャツが買えてうれしい」といった声など初日から反響を得ており、今後も同社ならではのアートやカルチャーを台北のクリエイティブ層に向けてエキシビション形式で紹介していくという。

■ビームス 台北(BEAMS TAIPEI)
 所在地: 台北市富錦街340号(No. 340, Fujin Street, Taipei City, Taiwan)
 展開レーベル
  メンズ :<ビームス>、<ビームス プラス>、<ビームスT>
  ウィメンズ :<レイ ビームス>、<ビームス ボーイ>、<ビームスT>
  キッズ :<こどもビームス>
  雑貨 :<bpr ビームス>