ケイタマルヤマ初の映像制作 野宮真貴が歌う「ぼくらが旅に出る理由」上映

写真拡大

 「KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)」が4月11日、2013-14年秋冬コレクションのショートムービーを発表した。テーマは「ぼくらが旅に出る理由」。デザイナーとして「人生には大切な服が必要だと思う」という丸山啓太がデザインする様々な旅のためのコレクションが、約7分間の映像で披露された。

ケイタマルヤマ初の映像制作の画像を拡大

 「KEITA MARUYAMA」2013-14年秋冬コレクションは、ショートムービーを含むインスタレーションで発表された。会場となった麻布迎賓館には撮影に使われたセットとウェアが展示され、小さな劇場のような舞台で映像が上映された。初めて制作されたショートムービーは、中塚武がアレンジし野宮真貴が歌う「ぼくらが旅に出る理由」の曲に沿って展開。New York GirlとHong Kong Girl、そしてTokyo Girlが登場し、それぞれの旅のイメージが新作コレクションと共に表現された。

 新作コレクションのきっかけになった小沢健二の楽曲「ぼくらが旅に出る理由」のメロディーと「誰かの大切な日や大切な想い出に寄り添い、勇気づけ、心を満たす心の通った服を創りたい」という思いからイメージを広げたという丸山啓太は、「服だけじゃなくで世界観を表現するのがデザイナーの役割。それをもっと幅広い人に届けられたら」という考えから映像の制作に挑戦したという。制作を振り返り「いいものを作りたいという情熱をもった人がたくさんいる。多くの協力があって素敵な作品を作ることができたと思う」と語った。