『HK/変態仮面』鈴木、台湾にフォォォオ降臨!!現地ファンから「私のパンツをあげる!」←本当

4月13日(土)に全国で公開される『HK/変態仮面』。日本での全国公開を控え、台湾で開催中の「台湾ゴールデンホース・ファンタスティック映画祭」でプレミア上映が行われた。

【関連:【動画付】少年ジャンプ伝説の連載漫画 『究極!!変態仮面』がまさかの実写化】
 
9日(火)台湾に到着した本作主演の鈴木亮平。平日にも関わらず駆けつけた女性を中心としたファン数十人。

手には、「歓迎!鈴木亮平」「私のパンツをあげる」など日本語で書かれたメッセージボードが握られていた。

歓声がロビーに響くと、HKの決めポーズを決める鈴木の姿に空港ロビーでは、更に歓声が上がった。
鈴木亮平自身も、「出迎えにきてくれるなんて、驚きました、嬉しかったです!」と振り返るサプライズでの台湾入りとなった。

今回プレミア上映が行われた「台湾ゴールデンホース・ファンタスティック映画祭」は、ファンタジー/ホラーを中心とした様々な作品を対象にした映画祭。毎年3月末〜4月にかけて開催される。

今年は日本から、『HK/変態仮面』の他にも『北のカナリアたち』、『夢売るふたり』、『桐島、部活やめるってよ』、『きいろいゾウ』、『天地明察』、『大奥・永遠』が上映されている。

そして、原作が台湾で大人気だった事もあり、映画も高い注目を集めた『HK/変態仮面』。
映画祭のチケットは10分で完売。急遽10日(水)に800以上の観客を収容できる大ホールでの追加上映が決定した。

街中では同時期公開の『アイアンマン3』と同格の特大広告が並んで掲出されるなど高い注目を集めている。また5月の公開に向けて、120台ものラッピングバスが市内を走る予定だ。

 

作品完成時期には、アメリカでの舞台公演を行っていたため作品は未鑑賞だった鈴木亮平。
鑑賞前は「台湾の観客がどんな反応をするのか少し不安で緊張する」と言っていたが、劇場で生で観客の反応を見て手応えを感じていた。

冒頭の片瀬那奈が演じるSM女王が登場するシーンから観客は大爆笑でスイッチオン。
愛子ちゃんを助けるために変態仮面として初めて登場するシーンでは拍手&大きな歓声。
以降は、変態仮面のキメポーズや必殺技が出るたびに拍手喝采が起きた。福田雄一監督や、安田顕&ムロツヨシを始めとするキャスト陣の笑いの仕掛けがドツボにハマった台湾の観客は、日本の劇場ではありえないくらいの笑い声、拍手、歓声だった。

上映後は鈴木亮平が舞台に登場。
鈴木亮平の登場に盛り上がる観客を前に、変態仮面の決めポーズで撮影に応じた。
「実は僕も完成した本編を見るのは今日が初めてだったんですが、皆さんすごく楽しんでくれていたようなので、こうして台湾で一緒に見られて本当に良かったです!」と挨拶する鈴木に、観客からは続編を希望する完成が上がった。

『HK/変態仮面』、日本では4月13日(土)から全国公開。
日本国内でも大きな注目を受けて、当初の3倍を越える規模での公開が決定している。

■公式HP : http://hk-movie.jp/

『HK/変態仮面』台湾

(C)2013「HENTAI KAMEN」製作委員会