H&Mが中国地方初進出、広島に路面店オープン

写真拡大

 「H&M(エイチ&エム)」が、中国地方に初進出する。2013年秋に、広島に路面店を出店。「H&M」は4月中に「H&M MARK IS 静岡」、「H&M SHINSAIBASHI」、「H&M 神戸ハーバーランド umie」、「H&M UMEDA」のオープンが予定されており、国内出店を加速させている。

H&Mが広島に出店、中国地方初の画像を拡大

 「H&M HIROSHIMA」がオープンする広島市中区は、広島駅からも近い商店エリア。売場面積は約2,000m²で、6フロア構成で出店する。レディースとメンズのウェアコレクションやアクセサリーに加え、若者向けのストリート カジュアルファッションライン「Divided」を展開。ジャパン社のカントリーマネジャークリスティン・エドマンは、「中国地方の主要都市である広島市に、中国地方初の店舗を出店することができ、とても嬉しく思います」とコメントしている。

 「H&M」は4月13日に国内最大の面積を誇る「H&M SHINSAIBASHI」をオープン予定。これに伴い10日に閉店した「H&M EBISUBASHI 2」の跡地には、傘下ブランドの「MONKI(モンキ)」と「WEEKDAY(ウィークデイ)」が6月1日に日本初の店舗をオープンさせる。

■H&M HIROSHIMA
場所:広島県広島市中区堀川町7-6
オープン日:2013年秋