自らが企画したオンラインアニメでノミネートPhoto by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

インターネット版アカデミー賞と称されるウェービー・アワードに、トム・ハンクスやレナ・ダナムらがノミネートされたとハリウッド・レポーター紙が報じた。

国際デジタル芸術科学アカデミーが選考するウェービー・アワードは、今年で17回目を迎える。ウェブサイトやインターネット広告、オンライン映画&ビデオ、モバイルなどの各分野で優れた作品に対して贈られる賞だ。

ハンクスは、自らが企画したオンラインアニメ「Electric City」でノミネート。また、話題の女性ドラマ「ガールズ(原題)」の企画・主演で注目されているダナムは、バラク・オバマ大統領の再選キャンペーン動画「First Time」への出演および、「ガールズ」でのソーシャルメディア・キャンペーンでノミネートされている。ソーシャルメディアの影響から、受賞者のスピーチは5語にしなければいけないという、ユニークな決まりがある授賞式は、5月21日に米ニューヨークで開催される。

■関連記事
トム・ハンクス&エマ・トンプソン「メリー・ポピンズ」裏話の映画化に出演!?
トム・ハンクス、ノーラ・エフロン戯曲でブロードウェイ・デビュー
反オバマ映画「2016 Obama’s America」続編が2014年公開
米フォーブス誌「30歳未満の影響力のある30人」ハリウッド編を発表
ピープルズ・チョイス賞は「ハンガー・ゲーム」が圧勝